インター オペラ ビリティ。 ポータル:インタオペラビリティに対するアプリケーションの枠組に向けて

クラウドコンピューティングのインタオペラビリティに関するインフラストラクチャ要求

インター オペラ ビリティ

次の表に、[XMLLookupInfo]セクションの設定を示します。 189 ファイル・データソースの追加......................................................................................................... メッセージング・アダプタ• 16 モデルとしての ERP アプリケーションの使用..................................................................................... 161 バッチ・インターフェイス 175 インターフェイス・テーブル................................................................................................................ 158 イベント自己診断ユーティリティ・ツール..................................................................................... 9 インタオペラビリティ PeopleBook 2003 年 9 月 PeopleSoft EnterpriseOne 8. 86 フラット・ファイル相互参照の設定........................................................................................................... trace "XTSMJDETemplateSelector. name 属性は、エラーで参照されている param 要素の記述です。 パブリック void の fetchTemplates は、 IXTSMTemplateSelector. たとえば、ERP と他のアプリケ ーション間でデータを共有したい場合があります。 操作の確認 参照 メッセージング・アダプタの使用方法については、『Asynchronous Messaging Programmer's Guide(非同期メッセージ処理プログラマ・ガイド)』の「Adapter Overview(アダプタの概要)」 およびその他の項 バッチ・インターフェイス バッチとは、同時に複数のトランザクションが処理されることを意味し、通常は大量の情報移動を伴 います。 また、テーブルからレコードを削除することもできます。

次の

EnterpriseOne 8.9 インタオペラビリティ PeopleBook

インター オペラ ビリティ

Column• この時間内にセッションで何の要求も処理されなかった場合、SessionManager はセッシ ョンを終了して、すべての関連リソースを解放します。 66 受信インターフェイス・テーブルへのレコードの追加....................................................................... トランザクション・セットは trans 属性で識別されます。 バッチ処理は通常、スケジュールされており、非対話型です。 xts. 175 インターフェイス・テーブルの構造........................................................................................................... Edwards では、外部システムとのインタオペラビリティの複雑性を隠し、サードパー ティのパッケージとのインターフェイスを簡素化するための基盤構造を提供しています。 システム呼出し(サーバーか ら)とクライアントのビジネス関数の呼出し(クライアントから)により、トランザクション情報が取得さ れます。 XML トランザクションは XML 受信ドキュメントを解析し、トランザクション・タイプとインデック スを取得します。

次の

インタオペラビリティ政策ロードマップ

インター オペラ ビリティ

15 オンラインの API およびビジネス関数ドキュメンテーションの検討........................................... たとえば、構文エラー、無効な要求など。 WIN32 では、次のロジックが使用されます。 9 インタオペラビリティ PeopleBook SKU AC89JIO0309 Copyright 2003 PeopleSoft, Inc. ERP インタオペラビリティ・ソリューションは、次の 3 つの重要なビジネス目的に適合しています。 XML リスト・カーネル ERP データベース情報をまとめて要求し、受信できます。 この位置に XSL ファイルを追加したい場合 は、次の命名規則に従ってください。 XML CallObject をメッセージング・アダプタと共に使用することもできます。

次の

農業情報とインタオペラビリティ

インター オペラ ビリティ

XML 応答では、指定した範囲内にあるレコードのリストが表示されます。 code 属性で数値コード が戻され、対応するテキストが returnCode 要素の子テキスト・ノードとして戻されます。 dat のデ ィレクトリに設定されます。 getFieldsString ; parentNode. Edwards ERP データベースには、データが正しく表示されるように変換または適用する必要が あるオブジェクトおよびカラム名、特定のデータ・タイプおよびセキュリティ・ルールがあります。 ODBCTEST• XML ドキュメントには、ビジネス関数を組み込む必要があります。 19 User ユーザーの識別と検証に使用するユーザー名を指定します。

次の

インタオペラビリティ試験

インター オペラ ビリティ

87 処理ログ・テーブル........................................................................................................................................ XML トランザクションをメッセージング・アダプタと共に使用することもできます。 , Cloud Computing Use Case Discussion Group, Cloud Computing Use Cases White Paper Version 4. セッションの満期 セッションの満期は、標準 jdeRequest 要素の sessionidle 属性によって処理されます。 。 52 XML トランザクションのデータ要求プロセス ERP からのデータを要求するには、フォーマット済みの XML ドキュメントを使用します。 オペランドが COLUMN の場合、COLUMN 要素を指定します。 Edwards がサポートしているインタオペラビリティ・モデルの概要を示します。 xtse. dll 拡張子は、次の表を参照してください。

次の

IoTのインタオペラビリティについて

インター オペラ ビリティ

List• 159 イベント自己診断ユーティリティ・ツールの処理概要....................................................................... 3 以上をサポートしています。 インバウンド機能は、ERP 外部で開始され たデータ要求またはトランザクション要求です。 ここでは、各モデル・タイプの概要について説明します。 値 1 は、入力者に返信する必要があることを示します。 CallObject テンプレート要求は、jdeRequest が jdeResponse を戻すという規則の例外です。 30 XTS の jde. 195 Microsoft Excel を使用してクエリーを実行する...................................................................... このエンティティをオブジェクトであるとすると、ネットワーク管理における管理オブジェクトと同等となる。

次の

インターオペラビリティとは

インター オペラ ビリティ

通常、マ スター・テーブルのマスター・ビジネス関数はテーブルにアクセスするもので、プログラム固有である トランザクション・ファイルのマスター・ビジネス関数よりも単純です。 185 出力ストリーム・アクセス OSA UBE............................................................................................ 1 つまたは 複数の ERP インターフェイス・テーブルが識別され、更新対象の全データ(データ・タイプと実際のデ ータ値)がリストされます。 89 インターフェイス・テーブルのデータ除去.............................................................................................. IT以外の分野では、組織や制度などについて組み合わせたり連携したりできることを表すことがある。 45 XML CallObject の要素 XML ドキュメントの先頭には、次の要素を指定する必要があります。 サーバ ーでは、SessionManager singleton クラスは、ユーザー名、パスワード、環境名のある session オブ ジェクトの新しいインスタンスを作成します。

次の

生産ソフトウェア・インタオペラビリティモデル

インター オペラ ビリティ

トランザクション用マスター・ビジ ネス関数は、トランザクション・ファイルに必要なすべてのデフォルト値と編集機能を提供する共通の 関数セットです。 このシステム・ディレクトリは、jde. 61 リストのカラム情報の取得 データ選択および順序設定を CreateList 要求に追加できるように、GetTemplate 要求を送信してリ ストのカラム情報を取得できます。 インターフェイス・テーブルとは、ERP アプリケ ーション・テーブルをミラー化するためのワークテーブルです。 80 イベント 83 Z イベント................................................................................................................................................. 57 リスト検索エンジンの jde. ベンダや取引先などの外部ソースにインタオペラビリティを提供します。 また、 ビジネス関数により、特定のタスクが実行されます。

次の