アロマ スプレー の 作り方。 エタノールやウォッカでアルコール除菌スプレーを自作!手指消毒用アロマスプレーの作り方!

5分でできる!アロマスプレーの作り方

アロマ スプレー の 作り方

材料を順番に混ぜるだけなので、はじめてでも失敗なく作れますよ。 風邪気味のときにもおすすめ。 自然派保存料:Leucidal Liquid SFとは でも少し触れましたが、保存料・添加物が入っていないナチュラルな手作りコスメは消費期限が短いです。 是非活用してみてください! では早速作り方の説明です。 1.とっても簡単!アロマスプレーの作り方 アロマスプレーとは、スプレーボトルにアロマオイルと水を入れたものです。 そのまま、拭き掃除をしても大丈夫です。

次の

5分でできる!アロマスプレーの作り方

アロマ スプレー の 作り方

掃除用途や短時間の利用・使い切りの場合ならプラスチック(ポリエチレン製(PE))でもOKです。 ティーツリーはカビ予防にも効果があるので、拭き掃除のついでにお風呂の壁の水分を拭き取って、ティーツリーのアロマスプレーでカビがつかないように予防することもできます。 コスパが良い ざっくり計算したところ、 1本(約120mL)あたり50円!• 使う時期や使用頻度予定により、水の量を考え、消費期限を短く設定します。 シンクやゴミ箱にシュッとひと吹きすると、爽やかな香りが広がって嫌なニオイも消臭できます。 自分一人でしっかりアロマテラピーを実践したい方は参考にどうぞ!. ない場合は、消毒用エタノールやアルコール度数の高いウォッカ(40度以上)なども代用できます。 今回のアロマスプレーと練り香のアレンジレシピも、ローテーションできるように2通りのパターンで紹介しました。 「手作りのアロマスプレーについてですが、最近のアルコール欠品の影響で無水エタノールが入手できません。

次の

手作りアロマスプレー:精油と無水エタノールで簡単に作れてコスパ良し【ナチュラルライフ】

アロマ スプレー の 作り方

それを、ゴキブリの通り道に置きます。 使うたびによく振りましょう。 ただ、今回ご紹介したウォッカやバスオイルを使った作り方は、マスクスプレーやルームスプレーとして使うには問題ありませんが、 手指の消毒液としては、水分が多いので乾きにくい点があります。 アロマを扱っているお店に行けば、もちろんアロマスプレーが販売されていますが、 作り方も簡単ですし手作りしてみませんか?? ドラッグストアや100円ショップで手に入るもので簡単に作ることができます。 おうちをクリーンな環境にしてくれます。

次の

【マスクにアロマスプレー】作り方は簡単!抗ウィルス作用がアップ

アロマ スプレー の 作り方

ただし、マスクでの使用において「柑橘系の精油」はおすすめできません。 アロマオイルの分量・濃度について アロマオイル(精油)の分量は、全体量の0. その作り方はとっても簡単です。 そんなもんです、 というのも、 ティートリーのオイルはそのままマスクに付けることもできるのですが、昨日はかなり香りが強すぎて頭痛がして慌てて、マスクの下に入れたティッシュペーパーを直接鼻につかないようにしたくらい、そのくらい強い!だから、スプレーがおすすめです これから「無水エタノール」「精製水」をドラッグストアに買いに行きます 😀 一緒に作りましょう!・・・と張り切ってはみたものの、無水エタノールもスプレーボトルも売り切れですね。 手指のアルコール消毒にも使えるアロマスプレーの作り方は、 に書いているので、参考にしてくださいね! いくつか方法があるのですが、 一番簡単なのが、 ウォッカを使う方法です。 今年は大人にもインフルエンザが流行している傾向があるということもあり、しっかりと予防したいものです。 香りも感じることができて気分も明るくなります。 鼻の周りに塗布するので、肌がデリケートな方は1%濃度くらいで試してください。

次の

手作りアロマスプレー:精油と無水エタノールで簡単に作れてコスパ良し【ナチュラルライフ】

アロマ スプレー の 作り方

鼻の周りで精油が存在してくれる点からも、精油の予防効果の影響も長く受けることができます。 無水エタノール アロマオイルは水には溶けない性質のため、エタノールに溶かしてから水と混ぜ合わせます。 お好きなアロマでアロマスプレーを作ってみましょう! アロマスプレーの作り方(1) <準備するもの> ・スプレーボトル ・精製水もしくは軟水のミネラルウォーター40ml(肌につけない場合水道水も可) ・無水エタノール10ml ・お好みのアロマオイル10滴(肌につける場合、5滴以上使わず肌の様子をみること) ・ラベルシール(お好みで) <作り方> スプレーボトルに無水エタノールとアロマオイルを入れてよく混ぜます。 小さいビーカーしか手元に無い場合は、無水エタノール30mlに精油をブレンドして、それをスプレー容器に移してから精製水20mlを後から加えて優しく混ぜれば同様に作ることができます。 その他 、 お風呂のカビ予防にも使えます。 バスオイルを使ったアロマスプレーの作り方 私が使っているのは、ケンソー(KENSO)のバスオイル。

次の

手作り虫よけスプレー&アロマの作り方!簡単な材料で作れるのに効果は強力!

アロマ スプレー の 作り方

消臭剤として使う場合は1ヶ月程度で交換してください。 水道水の利用も可能ですが、スキンケアにスプレーを利用する場合は、フローラルウォーター、または精製水をおすすめします。 遮光性のスプレー容器のまま、直射日光のあたる場所、小さなお子様やペットの手の届く所を避け、冷蔵庫などの冷暗所で保管します。 消毒用エタノールも無水エタノールも売り切れでも、エタノールの代用品を使ってアロママスクスプレーやルームスプレーをつくることができます。 リフレッシュ効果や疲労回復効果もあるので、体を動かしたあとにもおすすめの香りです。 乳化剤としての役割をしてくれます。

次の

手作りアロマスプレー:精油と無水エタノールで簡単に作れてコスパ良し【ナチュラルライフ】

アロマ スプレー の 作り方

アロマスプレーなどを作る時に使います。 漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。 : 3滴• エタノールの量が少ないということは、その分精製水(水)の分量が多くなります。 デオドラントスプレー• マスクスプレーの他にも、デフィーザーにも利用可能です。 今回は「アロマスプレーの活用について」と「練り香をアレンジしたアロマバームの活用について」の2通りで説明をしています。 スプレーするときには目に入ったりしないように気をつけましょう。

次の