四 ホウ 酸 ナトリウム。 職場のあんぜんサイト:化学物質:過ホウ酸ナトリウム四水和物

炭酸ナトリウム・四ホウ酸ナトリウム緩衝液について

四 ホウ 酸 ナトリウム

それぞれ異なるメタホウ酸イオンは BO 2 - のを持ち、メタホウ酸化合物を形成する。 応急措置をする者の保護 データなし 医師に対する特別注意事項 データなし 5.火災時の措置 消火剤 乾燥砂を用いた窒息消火、金属火災用粉末消火剤 塩化ナトリウム 使ってはならない消火剤 禁水、泡消火剤、塩化ナトリウム以外の粉末消火剤 特有の危険有害性 激しい反応と火災の発生の危機があるため、水と接触させないこと。 クロムは通常の過硫酸酸化した後還元滴定によって測定します。 水と接触すると分解し、ホウ酸、過酸化水素を生じる。 使用前に取扱説明書を入手すること。

次の

炭酸ナトリウム・四ホウ酸ナトリウム緩衝液について

四 ホウ 酸 ナトリウム

【応急措置】 固着していない粒子を皮膚から払いのけ、冷たい水に浸すこと。 消火を行う者の保護 適切な空気呼吸器、防護服(耐熱性)を着用する。 飲み込んだ場合:口をすすぐこと。 ばく露防止及び保護措置」に記載の措置を行い、必要に応じて保護具を着用する。 さらに、この調査では、関連する市場セグメントとサブセグメントとともに、主要な市場ダイナミクスとその最新の傾向について包括的な調査を提供しています。

次の

ホウ酸ナトリウム(ホウさんナトリウム)とは

四 ホウ 酸 ナトリウム

46, Zhivopisnaya St. 容器内に水を入れてはいけない。 次にコンタクトレンズを着用していて容易に外せる場合は外すこと。 皮膚に付着した場合 水と石鹸で洗うこと。 換気の良い場所で保管すること。 3版)を使用 物理化学的危険性 火薬類 分類対象外 可燃性・引火性ガス 分類対象外 可燃性・引火性エアゾール 分類対象外 支燃性・酸化性ガス類 分類対象外 高圧ガス 分類対象外 引火性液体 分類対象外 可燃性固体 分類できない 自己反応性化学品 分類対象外 自然発火性液体 分類対象外 自然発火性固体 分類できない 自己発熱性化学品 分類できない 水反応可燃性化学品 区分1 酸化性液体 分類対象外 酸化性固体 分類対象外 有機過酸化物 分類対象外 金属腐食性物質 分類できない 健康に対する有害性 急性毒性(経口) 区分3 急性毒性(経皮) 区分3 急性毒性(吸入:ガス) 分類対象外 急性毒性(吸入:蒸気) 分類できない 急性毒性(吸入:粉じん) 分類できない 急性毒性(吸入:ミスト) 分類対象外 皮膚腐食性・刺激性 区分1 眼に対する重篤な損傷・眼刺激性 区分1 呼吸器感作性 分類できない 皮膚感作性 分類できない 生殖細胞変異原性 分類できない 発がん性 分類できない 生殖毒性 分類できない 特定標的臓器・全身毒性(単回ばく露) 区分3(気道刺激性) 特定標的臓器・全身毒性(反復ばく露) 分類できない 吸引性呼吸器有害性 分類できない 環境に対する有害性 水生環境急性有害性 分類できない 水生環境慢性有害性 分類できない ラベル要素 絵表示又はシンボル 注意喚起語 危険 危険有害性情報 水に触れると自然発火するおそれのある可燃性・引火性ガスを発生 飲み込むと有毒 皮膚に接触すると有毒 重篤な皮膚の薬傷・眼の損傷 重篤な眼の損傷 呼吸器への刺激のおそれ 注意書き 【安全対策】 激しい反応と火災の発生の危険があるため、水と接触させないこと。 2.危険有害性の要約 GHS分類 分類実施日 H22. 施錠して保管すること。

次の

四ホウ酸ナトリウム(しほうさんなとりうむ)とは

四 ホウ 酸 ナトリウム

10版)を使用 環境に対する有害性 - 注) 上記のGHS分類で区分の記載がない危険有害性項目については、政府向けガイダンス文書で規定された「分類対象外」、「区分外」又は「分類できない」に該当する。 その後も洗浄を続けること。 皮膚に付着した場合、気分が悪い時は、医師に連絡すること。 国連番号 3377 品名 過ホウ酸ナトリウム(水和物) クラス 5. 関係者以外の立入りを禁止する。 特定標的臓器毒性(単回ばく露) GHS分類: 区分1 中枢神経系、消化管 、区分3 気道刺激性 本物質のヒト及び実験動物での単回ばく露に関する情報はない。

次の

ホウ酸、およびホウ酸塩の化学: 研究と教育と追憶と展望

四 ホウ 酸 ナトリウム

皮膚及び身体の保護具 保護衣を着用する。 ホウ酸は中では解離しないが、そのルイス酸性から水との作用でアニオンを形成する。 特定標的臓器毒性(反復ばく露) GHS分類: 区分1 呼吸器 、区分2 生殖器 男性 ヒトについては、アメリカの大規模ホウ砂採鉱・精錬プラントで5年以上働く労働者629人 うち女性26人 を対象とした横断研究では、職場の総粉じん濃度 加重平均 は無水ホウ砂製造部門で14. 空容器を廃棄する場合は、内容物を完全に除去すること。 この製品を使用するときに、飲食又は喫煙をしないこと。 適切な個人用保護具を使用すること。 共存鉱物は岩塩、石膏 せっこう 、方解石、ボウ硝(テナール石)などホウ酸塩鉱物を欠くものと、カーン石、ウレクサイトulexite(化学式NaCa[B 5O 6 OH 6]・5H 2O)などホウ酸塩鉱物を伴うものとがある。 皮膚を流水、シャワーで洗うこと。

次の

職場のあんぜんサイト:化学物質: オキシビスホスホン酸4ナトリウム

四 ホウ 酸 ナトリウム

参考文献 [ ]• 物質が燃えていないとき、物質に水をかけてはいけない。 — 今後数年間の四 ホウ酸ナトリウム 市場の成長プロットに関する決定的な研究。 この製品を使用する時に、飲食又は喫煙をしないこと。 気分が悪い時は医師に連絡すること。 このためカルボン酸をアルコールに還元することができる 2。 炭化珪素や他の微細粒状の物質を過酸化物で融解する場合には別の問題があります。 「」参照。

次の

八ホウ酸ナトリウム

四 ホウ 酸 ナトリウム

炭酸ナトリウムと混合して使うこともあります。 環境に対する注意事項 環境中に放出してはならない。 72 g cm -3.水に可溶で強アルカリ性を示す.水100 g に対する溶解度は1. 湿った包帯で覆うこと。 Scheffrahn 1998. すなわち、in vivoデータはなく、in vitroでは、細菌の復帰突然変異試験、哺乳類培養細胞の遺伝子突然変異試験、マウスリンフォーマ試験、染色体異常試験、姉妹染色分体交換試験で陰性である NITE初期リスク評価書 2008 、環境省リスク評価第14巻 2016 、ECETOC TR63 1995 、EHC 204 1998。 皮膚に付着した場合、多量の水と石鹸で洗うこと。 特有の消火方法 火災が爆発に至ったら消火しないこと。

次の

融剤(Fluxes)

四 ホウ 酸 ナトリウム

緊急時応急措置指針番号 138 15.適用法令 水質汚濁防止法 有害物質(法第2条、令第2条、排水基準を定める省令第1条) 化学物質排出把握管理促進法(PRTR法) 新規指定化学物質(第1種)(平成20年11月21日公布、平成21年10月1日施行、PRTR:平成22年4月1日把握開始、平成23年4月1日届出開始)ほう素化合物 政令番号:1-405) 消防法 第3類自然発火性物質及び禁水性物質、金属の水素化物(法第2条第7項危険物別表第1・第3類) 船舶安全法 腐食性物質(危規則第3条危険物告示別表第1) 可燃性物質類・水反応可燃性物質(危規則第3条危険物告示別表第1) 航空法 可燃性物質類・水反応可燃性物質(施行規則第194条危険物告示別表第1) 腐食性物質(施行規則第194条危険物告示別表第1) 港則法 危険物・腐食性物質(法第21条2、則第12条、昭和54告示547別表二ロ) 16.その他の情報 各データ毎に記載した。. 眼の刺激が持続する場合は、医師の診断、手当てを受けること。 眼に入った場合、水で数分間注意深く洗うこと。 使用前に取扱説明書を入手すること。 過酸化水素はクロム酸塩をクロム酸クロムに還元して溶液中に溶かし出します。 都道府県知事などの許可を受けた産業廃棄物処理業者、もしくは地方公共団体がその処理を行っている場合にはそこに委託して処理する。 ICSC J 2014 臭い 無臭 HSDB 2017 臭いのしきい(閾)値 情報なし pH 9. ホウ酸塩鉱物の一種。

次の