チャレンジ レスポンス。 Error 403 (Forbidden)|「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

チャレンジとレスポンス : 雑感妄語

チャレンジ レスポンス

【0012】 つまり、従来の秘密鍵の管理方法では、秘密鍵を格納しているICカードの所持者は本人であると判断するように、本人と秘密鍵との結びつきを保証していたが、そのICカードを失くしたり、盗まれたりすると、他人による「なりすまし」との危険性がある。 【0011】 ところで、従来の公開鍵基盤(PKI)における秘密鍵の管理方法としては、秘密鍵を例えばICカードのような安全性の高いデバイス(耐タンパーデバイス)に格納しておき、秘密鍵を格納しているICカードは、本人が所持するといったものである。 【0056】 なお、この「セキュア端末」とは、装置自体からの情報漏洩リスクが全く無い完全な情報処理装置を意味する。 あらかじめ、サーバーとトークンで、時刻に基づいてパスワードを算出する共通の計算式を記憶しておきます。 万一、トークンを落としたり失くしたりしても、IDとユーザーが決めたパスワードがなければサービスを利用することはできません。 【0077】 ここで、秘密鍵と公開鍵がそれぞれ正当なものであれば、認証サーバが「レスポンスコード」を復号化した情報(データ)と、認証サーバが発行した「チャレンジコード」とは、一致することになり、認証処理は成功する。 このときクッキーを確認して、もし期限切れだったら認証を終了し、ユーザー側にはページを更新し直して再度ログインしてもらいます。

次の

チャレンジ&レスポンス方式とは (Challenge & Response) チャレンジアンドレスポンスほうしき:

チャレンジ レスポンス

現在流通している製品では,1分間に1度だけ数字を変化させるのが主流のようです。 気になる用語 シャープが製造・販売する不織布マスク。 認証前は簡素なログインフォームを用意しておいて、認証が通ったらDOMで一気にページを更新するというやり方になります。 ここで「885139」という値が送られてくれば問題なく認証できますが,異なる値が送られてきたので許容範囲となっている前後1分のパスワードと一致するかを調べます。 【背景技術】 【0002】 現在、ユビキタス情報化社会において、例えば、インターネットのようなネットワークを介した電子商取引が、ますます盛んに行われてきている。

次の

チャレンジレスポンス認証って何?

チャレンジ レスポンス

一連の手順でパスワードそのものはサーバとクライアントの間でやり取りされず、経路上で攻撃者が盗聴することはできない。 ワンタイムパスワードを表示するための専用の機器を「ハードウェアトークン」といいますが、同じ機能を持たせたソフトウェアを携帯電話、PDA、ゲーム機、パソコンのブラウザーなどで実行する「ソフトウェアトークン」もあります。 そして、この本人の生体情報(指紋画像)で暗号化された秘密鍵(以下、単に、「暗号化秘密鍵」とも称する)を保存(格納)しておく。 これに対してサーバは、ランダムに生成したチャレンジという情報をクライアントに送信すると共に、自分自身もクライアントが生成するはずのレスポンスを生成しておきます。 【0096】 一方、認証サーバが「レスポンスコード」を復号化した情報(データ)と、認証サーバが発行した「チャレンジコード」とは一致しない場合、即ち、認証処理が失敗した場合、認証サーバからユーザ端末に「認証失敗の通知」が送付される(ステップD4)。 ただ,あまり細かすぎると,使い勝手が悪くなってしまいます。 銀行のATMに限らず、コンピュータネットワーク上でサービスを利用する時の基本は、本人を識別する「ID」(銀行のATMの場合は、口座番号)と、パスワード(銀行のATMの場合は暗証番号)の組み合わせで、本人を確認することです。

次の

チャレンジレスポンス方式

チャレンジ レスポンス

【0032】 本発明では、上記数1における位相成分PG u,v を光暗号化の鍵とした上で、「Double Random Phase Encoding」という光学的暗号化手法を用いると、復号化画像fr xd,yd は、下記数2で表すことができ、即ち、元画像(秘密鍵画像)と2つの指紋画像の位相限定相関n xd,yd との畳み込み積分で表現することができる。 は、から返ってきた値をが自ら生成したレスポンスと照合し、ふたつのレスポンスの値が一致していればを通す。 【0028】 そして、復号化の際は、まず、暗号化画像の共役像 に復号鍵画像KD u,v を位相物体として乗算を行い、画像 を得る。 全体の流れとしてはこんな感じ。 当サイトではIPDL(特許電子図書館)の公報のデータを著作権法32条1項に基づき公表された著作物として引用しております、 収集に関しては慎重に行っておりますが、もし掲載内容に関し異議がございましたらください、速やかに情報を削除させていただきます。 認証局(CA)が生成した「公開鍵証明書」において、「公開鍵」が格納されているので、「公開鍵証明書」を送付することで、「公開鍵証明書」と「公開鍵」を同時に送付したと考えられる。 ここでは認証する側とされる側であらかじめ「関数」を共有していると考えて,具体的な流れを確認していきましょう( 図2)。

次の

ハードディスク暗号化のパスワードを忘れた多くのユーザーに振り回されたくない

チャレンジ レスポンス

。 【0015】 要するに、現在の生体認証技術では、生体情報の保管や送付などに問題があるため、公開鍵基盤(PKI)との連携は困難である。 【0092】 認証サーバは、ユーザ端末から送付された「レスポンスコード」を受け取る。 【0042】 そして、ユーザは、認証サーバ側が提供するサービスを受けるために、ユーザ端末から認証サーバにアクセス要求する(ステップA1)。 一方でログイン画面からの画面遷移がないので、ログイン画面=ユーザのアカウントページになり、ログイン画面そのものを作る必要がなくなります。 チャレンジレスポンス認証を有効にして、二段階認証の設定を追加します。

次の

ワンタイム・パスワード

チャレンジ レスポンス

【0094】 認証サーバは、特定した「公開鍵証明書」に格納されている「公開鍵」を用いて、受け取った「レスポンスコード」を復号化することにより、「レスポンスコード」の検証を行う。 自分で口にしたわけではないのに、パスワードを他人に知られてしまうということは、そうそうないように思えるかもしれません。 【0023】 即ち、本発明は、「Double Random Phase Encoding」と呼ばれる光の位相変調の原理を利用した光学的暗号化手法を利用することで、指紋の撮影時の位置ずれや多少のゆがみがあっても、指紋(指紋センサから取得された指紋画像)を暗号鍵として利用することが可能になった。 4月27日• タイムスタンプ方式では時刻同期が必須 このタイムスタンプ方式では,実装に当たって考えておかなければならないことがあります。 【0089】 被認証者であるユーザは本人であれば、つまり、ユーザの正当性が確認された場合に、「暗号化秘密鍵」の復号化が成功し、暗号化された「暗号化秘密鍵」が復元される。 盗聴されても安全であるという面でPAP認証よりも安全ですが, クライアント側のパスワード解読や、盗み見られたりする場合、 またアクセスサーバ側のパスワードファイルが不正アクセスされる場合に対応できません。 クライアントから 最初の認証要求を受けた認証サーバは, チャレンジコードを生成しユーザヘ送ります。

次の