映画 アバウト ア ボーイ。 アバウト・ア・ボーイ |CINEMORE(シネモア)

アバウト・ア・ボーイ : 作品情報

映画 アバウト ア ボーイ

ある衝撃的な切っ掛けでロック界から身を引いてしまったのだ。 他人と関わって生きていくのも 案外悪くないよ! ってね。 結婚もしてないし、仕事にも行かなくて済むから、マ、気楽なもんさ。 社交的でも優しい人でも他人と一線引いて付き合う社会人って多いと思う。 マーカスは再びウィルの下に出向き、エリーが心酔するのことを教わる。

次の

アバウト・ア・ボーイ

映画 アバウト ア ボーイ

監督は『アメリカン・パイ』を手掛けて大ヒットに導いたポール&クリス・ウェイツ兄弟。 小金があって、誰にも責任を負わなくていい身軽な生活。 私はまさにそれ。 。 喜怒哀楽といった感情に訴えず、かといって深く考えさせる程度のものでもない。

次の

アバウト・ア・ボーイ : 作品情報

映画 アバウト ア ボーイ

マーカスとエリーの逸話の割愛• 一方マーカスは本番直前で、伴奏を任せた生徒に裏切られてしまいます。 脚本と芝居が絶妙で、軽々と見せられてしまいますがこれは大変な作品のような気がします。 そんな二人が笑顔でハイタッチしてたら思わず笑みがこぼれてしまう。 ブリジットジョーンズの男性版と言っているが、まだ、ブリジットジョーンズの方が笑えたし、良かったかなと思う。 このキャラクターってそれを極端にしただけのものでしょ?そしていろんなときのヒューの表情は絶妙!これもウィルというキャラクターに魅力を加える。

次の

アバウト・ア・ボーイ : 作品情報

映画 アバウト ア ボーイ

初めて失恋を経験したウィルは、今までの人生がどれほど無意味なものだったのかを思い知らされます。 ぶっちゃけマシュマロ。 そんなウィルの日常はといえば、適当に女性と遊んだり、外食や趣味のビリヤードを楽しんだり、家で音楽を聴いたり、延々テレビを観たりしていました。 人生を謳歌していると自分で語るウィルだが、周りからは精神的に成長していないと見られている。 何もかも好転して行くわけでないところが。 マーカスは、精神的に不安定かつ風で奇妙な母:フィオナの影響で学校に溶け込めずにいたが、フィオナはそれに気づいていない。

次の

『映画』アバウト・ア・ボーイ(2002)

映画 アバウト ア ボーイ

いやになる。 湿度のある日本では、こんなユーモラスに作れる監督も役者もいないのがちょっぴり寂しいです。 登場人物達の精神が、最初よりちょっと成長しました、観ている私の心もちょっと成長したかも、って感じがしました。 思い返しても嫌なところが見つからないっていう事は、よく出来た映画なんだとは思う。 ちなみに僕は24歳男です。 私は星5つまではいかないけど、星4つ。 でも、ストーリーとして、高校のロック大会で伴奏でステージに上げるかなあと思いましたが、そのシーンがぐっとくるポイントでもあるから、必要なのでしょうね。

次の

アバウト・ア・ボーイ (2002)

映画 アバウト ア ボーイ

つい最近はシングルマザーと付き合っていたが、彼女とも短期間の関係で終わってしまった。 その中からスージーという女性に目をつけ、彼女とのデートを取り付けます。 しかしウィルはマーカスの企みに気づき逃げようとします。 とか、ウソは嫌いだけど、無職に対して理解(?)がある。 でもって、そうなったらあまりにも当たり前でつまらないなぁ…とも。

次の

アバウト・ア・ボーイ

映画 アバウト ア ボーイ

- ウィルがクリスマスに見ていた映画• 大慌てで救急車を呼び、なんとかフィオナを自殺未遂から救った。 ウィルに関わる女性の性格があの映画からはよくつかめなかったので原作を読んでみようと思います。 博物館で働く30代後半の女性アニー(ローズ・バーン)は、長年一緒に暮らす腐れ縁の恋人ダンカン(クリス・オダウド)と平穏な毎日を送っていた。 マーカスと居ると楽しいと思えてきて、 その後初めて本気で女性を好きになることもできた。 マーカスはとても音痴だったため会場ではブーイングが起こりましたが、ちょうどその時にウィルがギターで伴奏しながら登場しました。 あらすじ 親の遺産で遊んで暮らしている独身主義者のウィル ヒュー・グラント は、とあるきっかけでシングルマザーのフィオナ トニ・コレット とその息子マーカスと知り合う。 この日から、毎日マーカスは放課後、まるで友達の家へ行くかのようにウィルの家へ訪れるようになるのだが…。

次の