高輪 ゲートウェイ スタバ。 スタバが高輪ゲートウェイ駅に出店、半個室席や一人掛け席が充実した「スマートラウンジ」初導入

【新店】スターバックスコーヒー高輪ゲートウェイ店がオープン!アルバイトを募集中|タピタイム

高輪 ゲートウェイ スタバ

その券売機を超えて、右側にスタバへ続く階段を発見することが出来ます。 スターバックスラテ 340円〜• 店舗面積は約18坪。 後ろを係の方がついて歩いています。 スマートラウンジでは6つの半個室席のほかに、JR東日本による駅ナカシェアオフィス事業の一環として、完全個室のブース型シェアオフィス「STATION BOOTH」を2台備え、テラス沿いに並ぶカウンターテーブルには仕切りを設けるなど、一人で集中して作業に打ち込むことができる空間を展開。 駅をデザインしたのは、新国立競技場などを手掛けた建築家の隈研吾さん。

次の

高輪ゲートウェイ駅にビジネス利用特化のスタバ 半個室席など導入

高輪 ゲートウェイ スタバ

コーヒーフラペチーノ 440円〜• 階段を上りきると正面にスターバックスが現れます。 簡単に言うと、 電話ボックスのような1人用作業スペースだ。 連載:非テツでも楽しめる、テツ好きが注目するチマタの話題 ここでは鉄道に関するちょっとした豆知識をお伝えすることで、何となく知識が増えたなとか、みんなが知らないことが自慢できたりとか、まあそんなことを目指してお届けしていく、テツの与太話です(作倉瑞歩) 高輪ゲートウェイの位置は品川駅と田町駅の中間。 それにしても、この半個室は一般的なシェアオフィスをぶち抜くコスパと言っていいだろう。 結局、よくあるセルフレジのような使い方で買い物が終わってしまったので、少し残念でした。

次の

高輪ゲートウェイ駅、スタバ新コンセプト店オープン 3月23日

高輪 ゲートウェイ スタバ

駅から続く新店舗外観 開放的なテラス沿いに並ぶパーソナルスペースを区切ったカウンター席 日本初導入 多様な働き方にフィットする「SMART LOUNGE」 日本初導入「SMART LOUNGE」 都心部のライフスタイルは多様化し、場所や時間を選ばない働き方や暮らしをする人が増えている。 6つの半個室席と、テラス沿いに並ぶパーソナルなスペースを区切ったカウンターテーブルの全席に電源を配置し、Wi-Fiも完備、さらに、スマートフォンのモバイルバッテリーのシェアサービスも取り入れ、急な充電不足にも対応しています。 店舗面積は約56坪、席数は43席。 個室(STATION BOOTH)ほど完璧に区切られているわけではないものの、簡単な仕切りがあり自分だけの空間は確保されている。 こうしたシステムのおかげで、店員がいなくても商品が購入できるわけです。 外装はアメリカ在住日本人アーティストの太田翔伍氏によるアートでラッピングした、スターバックスオリジナルのデザインとなっている。 机にモニター、新型コロナ対策であろう消毒液。

次の

高輪ゲートウェイ駅のスタバに半個室席 一人で作業に打ち込める空間に

高輪 ゲートウェイ スタバ

なので細かい点はを見ていただくとして、本記事では私が実際に利用して気づいたことを中心に紹介したい。 この席で外を眺めがらボーっとする。 (続き) また、6つの半個室席とパーソナルスペースを区切ったテラス沿いのカウンターテーブルの全席に電源が用意されているほか、 持ち運び可能なスマートフォンのモバイルバッテリーのシェアサービスも取り入れるなど、 特に一人使いやビジネス利用におけるニーズに特化した空間設計が特徴だ。 まず、その個室(STATION BOOTH)は、お店の奥に2台設置されている。 新駅になじむ素材、色合いが採用され、シームレスに駅とつながる空間を創出しています。 手順は案内に従うだけだから本記事では割愛するとして、ブース内に入ってみると…… スタバの店内でこれを独り占めしていいんですか? と思わず聞きたくなるような空間だ。 高輪ゲートウェイ駅店では、移動中や商談前後などにできた時間に一人で集中して作業に打ち込むことができる空間や、複数人での打ち合わせなどに利用することを想定したビッグテーブルを設置。

次の

スタバにビジネス利用の「電源付き半個室席」。高輪ゲートウェイ駅に

高輪 ゲートウェイ スタバ

JR東日本ではシェアオフィスについて2020年度末までに30箇所の展開を目標としている。 ・ロボットが巡回 あとウェイ(私)的にとっても気になったのが、駅構内で試行導入されるという最新技術を用いたロボットだウェイ。 カフェミスト 340円〜• 3月14日に開業した高輪ゲートウェイ駅は、東京と世界をつなぐ玄関口として、最新の駅サービス設備の導入や実証実験を進める。 Suicaなど交通系電子マネー決済や、スターバックスの公式モバイルアプリから事前に注文決済し、レジに並ばず商品を受け取ることができるサービス「Mobile Order&Pay」の導入のほか、店内にブース型シェアオフィス「STATION BOOTH」を設置する。 12枚のバナービジョンと70インチのモニターを18台で構成されています。

次の

【天国】個室のある「スタバ」に行ってみた感想 → 個室は最高だが、それだけ狙うと後悔するから気をつけろ / スターバックス高輪ゲートウェイ駅店

高輪 ゲートウェイ スタバ

それから9日後、同駅にはスターバックスがオープン。 高輪ゲートウェイ駅店においてはその立地と目的に合った、スマートで快適な体験を提供します。 高輪ゲートウェイ駅は、「グローバルゲートウェイ品川」をコンセプトに、2024年頃のまちびらきを予定している新しい街の核として、東京と世界をつなぐ玄関口となることを目指している。 案内ロボット• 駅構内にはAIを活用した案内ロボットやデジタルサイネージを導入。 最先端の技術が導入されていて……。 ちょっと何なの~~~~~!? 2020年春、高輪ゲートウェイ駅が開業する。

次の