花曇り 意味。 花曇りはどんな意味?どんな時に使うの?

花曇りの意味や由来はご存じでしょうか?季語としてはどう使う?

花曇り 意味

サクラの花ではなく、渡り鳥を目印としているところがポイントですね。 無類の酒好きで「人の顔さえ見れば酒を勧める」 悠長な土地柄だった伊那谷は金銭を持たずして いつでも酒の相伴にあずかることが出来る この土地は魅力的であった様です。 また、日本列島は、冬の間、高気圧に覆われていますが、春になるとその高気圧が北上し、日本列島の南側(太平洋側)に前線が停滞しやすくなります。 雲が出やすくなり、空が覆われることが多くなるのです。 春の季語に選ばれるのも納得してしまう、風情のある言葉です。 また、春は黄砂の時期でもあり、この黄砂が飛来した状態を春霞と呼ぶこともあります。 こうした 桜が咲いている時の薄曇りが花曇りです。

次の

花曇りとはどんな意味?意味を知って季節に合った挨拶をしよう

花曇り 意味

要するに雲の多い場所が一番空の高いところで多いと薄曇り、真ん中あたりで多いと高曇り、一番低いところで多いと本曇りとなりようです。 花曇りというのは、 桜の花が咲く時期の天気を 意味しており、 「せっかく咲いているのに」と いった残念な気持ちを表しています。 花曇の言葉の由来は、「年に一度のお花見の時期なのに、空が曇っているのは残念」と思ったり、桜の様子に哀愁を感じた日本人の想いから出来た言葉だと言われています。 芥川龍之介や種田山頭火をはじめ、 つげ義春などに影響をあたえた人物。 櫛で髪の毛をすいた時にできる形状と表現されることもある。 サクラの咲く時期に限らず、春全体の広い時期の曇り空に対応しています。

次の

花曇りとはどんな意味?由来でわかる使う時期 使い方の例文もご紹介

花曇り 意味

また、日本列島は春になると高気圧が北上し、日本列島の太平洋側に前線(暖かい空気と冷たい空気の境目)が停滞しやすくなります。 雨が降ってしまうと、サクラは儚く散ってしまいますが、曇り空であれば長く楽しめるようになるのでしょう。 曇りは曇りでも気温は低くならず暖かい曇りの天気になります。 この季節によく使われる言葉に「花冷え」があります。 ちょうど天候が変わりやすい時期なので、急に気温が下がり、寒くなることを意味します。 そのときに降りる霜のことを指して言います。

次の

花曇りとは?意味や由来!花冷えとの違いは??

花曇り 意味

桜の時期の曇天模様のことを文学的に表した言葉といった感じです。 スポンサードリンク 花曇りはどんな時に使う言葉なのか? 次は、明治の文豪である、夏目漱石が残した句です。 実際には夏の方が日は長いのですが、暗い冬を抜けたばかりの時期なので、余計に日照時間が長くなったように感じられるのでしょう。 また、「薄曇り」は定義としては「曇り」なのですが、雲の量が上の方で薄く広がっているため日差しがあって建物などが影を作ることもあり、うっすら雲がかかっている程度に見えるので、天気予報などでは「晴れ」と表現されています。 立春から88日が過ぎた、八十八夜のころに降りる霜が、最後のものとなると言われています。

次の

花曇りの向こう【瀬尾まいこ】あらすじ感想・問題と題名の意味を解説!

花曇り 意味

花曇りの由来は、桜が咲く頃の温かい曇りの日になります。 「花曇り」の語源と意味とは?時期はいつごろ? 読み方は 「はなぐもり」です。 春らしく淡く霞む一日のことを表現することもありますね。 天気を表現するのではなく、花曇りという天気が見られる季節そのものを指して使います。 花冷えは、曇りでなくて晴天でも気温が下がれば使われる言葉ですが、曇になれば気温も低下することから、花曇りになれば花冷えにもなるということです。

次の

花曇りの意味!時期はいつ?なぜ起こる?季語としての使い方!

花曇り 意味

また、「眠くなるような花曇りの午後ですね」のように、街以外の言葉と一緒に使うこともできます。 「花を養う」と表記されているように、曇り空が花の寿命を伸ばすことから生まれた言葉だと言われています。 このような季節柄、 花見を楽しみにしているのに なかなか天気に恵まれない残念な感情が『花曇り』 という言葉ができた背景にあるようです。 ポカポカした日差しが遮られ、静謐な雰囲気の春が感じられる類語ですね。 薄曇りの空のした、サクラの散策にでかけたくなる言葉です。

次の