ミント マスク。 ミントマスクのスプレー作り方!ハッカ油やエタノール、容器選びで苦労した意外な点とは?

ミントマスクのスプレー作り方!ハッカ油やエタノール、容器選びで苦労した意外な点とは?

ミント マスク

実際のミントマスクは、外側からでも穏やかな香りです。 普通に垂らして使うタイプです。 でもこの場合、小さな容器でいいのだけど。 私も「これだけ?すぐできるじゃない」と思ったのです。 アロマショップで容器について相談したところ、 ハッカ油スプレーというか、アロマスプレーを保管する容器としてベストなのは ・ガラス製。

次の

ミントマスクのスプレー作り方!ハッカ油やエタノール、容器選びで苦労した意外な点とは?

ミント マスク

細胞の上にはうっすらとした薄い「線毛」という毛があり、この線毛が働くことでウイルスを胃酸へと流してくれます。 12月12日に『たけしの家庭の医学』で放映していた、ミントマスクを作ろうとしている方に、作り方をご紹介します。 (ついでに言うと、ペパーミントオイルとも同じものでした^^9 ではそのハッカ油はどこで売ってる? これはまず薬局に行ったら、置いてありました。 2)ハッカ油を5~10滴、振り入れます。 ・10ml計測用 ・50ml計測用 10mlはエタノールを、50mlは水の量を測るためです。 実は、私も風邪をひきやすいタチなのです。 その理由は、ハッカ油はつまり油なので、材質によっては容器が溶けだしてしまうのだとか。

次の

ミントタオルとミントマスクの作り方【喉の痛み・風邪予防】

ミント マスク

そこで番組のレシピ(?)通り、5mlのエタノールと45mlの水を用意をして と思ったら、ここがまた盲点でした。 私はそこで、健栄製薬のハッカ油を買いました。 多分これは、ミントオイルを直接、ではなくて水で薄めているせいでしょうね。 これで今度は、正確な分量で、迷わずミントスプレーが作れました^^ で、マスクに吹きかけて、今度こそミントマスクの出来上がりです。 ミントスプレー作り用のビーカー、どこで売ってる? 私は結局、容器を買った同じアロマショップで購入しました。 でも、実際にミントスプレーを作るまでは、思いがけないものも必要でした。

次の

ミントマスクのスプレー作り方!ハッカ油やエタノール、容器選びで苦労した意外な点とは?

ミント マスク

(実際、ねぼけて逆に付けてしまった時もありましたが大丈夫でした) 本当に、こんなかすかな香りで風邪予防になるのかな?なんて思ってしまうくらいです。 ところが家にあるのは、普通の消毒用エタノールです。 線毛をメントールで刺激して、インフルエンザ予防などにもつながるので興味がある方は試してみてはいかがでしょうか。 で、まずはミントオイルを手に入れようとしたのです。 そこで次におすすめの ・遮光性のあるプラスチック容器(本体はPET,ふたはPP) にしました。

次の

ミントマスクの作り方、ミントオイルのスプレーにエタノール、容器でおすすめは?

ミント マスク

遮光性のブルーのものなら、さらによい とのこと。 そこでこれから、私が実地で突き当たった、意外な盲点についてご説明していきますね。 ただし、ガラス製は持ち歩くと割れたりなど、取扱いに注意が必要です。 ところが実際には、小さじ1杯とか言っても、表面に盛り上がった分は余分なのか? かと言って、液体なので固形物のように、すりきり1杯というのも難しい。 次の関門に合ったのは、その時です。 容器にもその旨、記載がありました) 私が買ったスプレー容器。

次の

ミントマスクのスプレー作り方!ハッカ油やエタノール、容器選びで苦労した意外な点とは?

ミント マスク

ハッカ油スプレーを作る前に、こちらも大事でした。 それは、スプレータイプには「職人添加物」と記載がありましたが、普通のタイプにはなかったことです。 まとめ ミントタオルとミントマスクの作り方は、精油をつけたり、吹きかけるだけなので簡単に作ることができます。 (ペパーミントオイルも、同じものだそうです) 私が向かったのは、薬局でした。 正直、最初からスプレータイプの方が手間いらずでよいかな? と思ったのですが、結局は価格の点もあり、普通のタイプを購入しました。

次の

ミントタオルとミントマスクの作り方【喉の痛み・風邪予防】

ミント マスク

お店の人のお話では、 「スプレーを1週間から10日程度で使い切るのなら、大丈夫でしょう」 とのことでした。 ミントマスクの使用感は? ミントマスクでは、マスクの外側にスプレーするのですね。 薬局によっては、『たけしの家庭の医学で紹介された』として、大々的に並べてあるところもありました。 ところが実際に作るまでには、いくつかネックになったことがありました。 もともと乾いた状態のマスクに数回、噴きかけるだけなので、水分が蒸発するまでの時間が短いのです。 でも、薬局に並べられた健栄製薬のハッカ油には、「食品添加物」の表示がありません。

次の