ノーナレ 今治 タオル。 東急ハンズ×今治タオル。激安フェイスタオルの使い心地を試してみた。

NHK「ブラック工場」放送で大揺れ 今度は「今治タオル工業組合」が声明: J

ノーナレ 今治 タオル

当組合では、現在、本報道に係る事実関係についての情報収集をしているところでありますが、現時点で当組合が把握している事実は次のとおりです。 外国人の不法労働問題は改善に向かうことが明言された タオルの紹介を使用と思ったらロゴなし!不法労働問題あり!と話がそれていきましたが、激安タオルの使い心地は少なくとも我が家で持っているタオルとは吸水力の点で一線を画すものでしたし、不法労働問題も改善に向かうことが確認できました。 ベトナムの子たちの搾取で成り立ってたとはがっかりだわ。 今治タオルの振興を進める組合として「この問題を非常に重く受け止めております」とした。 当組合では、現在、本報道に係る事実関係についての情報収集をしているところでありますが、現時点で当組合が把握している事実は次のとおりです。

次の

NHK「ブラック工場」放送で大揺れ 今度は「今治タオル工業組合」が声明: J

ノーナレ 今治 タオル

現在のところ、当組合でも情報収集に努めるとともに、本報道にもありましたように同機構が「労働基準法や技能実習法などに反した疑いで会社の調査は続いている」とのことであり、同機構の調査結果となんらかの措置を参考にして、実習生の身分や地位等の利益を最優先して労働環境の改善などの対応を真摯に検討してまいります。 休みがほとんどない• 知らなかった。 「28人のためのシャワールーム」は「むきだしのシャワーが4つ」と、技能実習生制度は現代の奴隷制度ですね。 なのでノーナレの映像だけでどこの会社なのか特定するのは困難であり、会社名はおろか社長の名前すら分からない状態です。 番組内でこの工場を経営する企業名は明らかにされなかったものの、触れられる地名や業種から、問題企業が今治タオルの関係者だとは分かるようになっていた。

次の

今治タオル不買運動を巡る問題とNHK報道による誤解 — 池永 将成

ノーナレ 今治 タオル

まず、本報道にありましたベトナム人技能実習生の皆さまが受けた耐え難い苦痛に対しまして、当組合では社会的責任及び道義的責任を非常に重く受け止め、事実確認を進めております。 問題の縫製企業で今治タオルタグをつけた製品が写っており、おそらく加入企業からの外注ではという話であれば、「今治タオル」として見るとやはり問題あり、ということになると思います。 ある晩、番組関係者のもとにメールが届いた。 また、今治タオルをご愛顧頂いている皆様、お取引先各社様、並びに関係各所の皆様方には多大なるご心配をお掛けしております。 名指しされた森清タオル・オルネット(愛媛県今治市)も公式ブログで「6月24日にNHKの『ノーナレ』という番組で今治のタオルの縫製工場が取り上げられました。 ども!テルです。

次の

NHKノーナレのタオル工場で製造は”今治タオル”!タオル工業組合員が非組合員に外注

ノーナレ 今治 タオル

また、本報道で「明日組合で話し合うと言っている」とある組合は、外国人技能実習生の監理団体(受入を行う協同組合)であるとされ、当組合とは別の組織です。 家族の思いを簡単に踏みにじる制度 昨日22時50分からNHKで「ノーナレ」という番組が放送されていた。 マークがついていれば「 正規の今治タオル」と言っている人もいましたが、どうやらそうではないという情報も。 そのため、7月8日(月)午後1時30分から組合員104社を招集して、全員協議とコンプライアンス研修「組織で考える不祥事防止策」を開催いたします。 そのタオルには今治タオルのブランドタグと思われるものが見えています。 声明では、「6月24日(月)NHK『ノーナレ』報道(本報道)について、当組合に対しても様々なご意見を頂戴しております。 今回の放送は愛媛県の今治タオル工場で働く、ベトナム人技能実習生に関することだった。

次の

NHK今治の外国人技能実習生!オルバスと判明!安田峰俊の経歴は?ノーナレ

ノーナレ 今治 タオル

実習実施企業はもちろんですが、その監督責任のある監理団体、さらには、その監理団体の許認可権を持つ外国人技能実習機構の責任も問われるべきです」 監理団体、外国人技能実習機構とは何なのか。 ・残業は月180時間も、支払いは40時間分のみ ・朝7時から夜23時まで働かされる ・長時間労働で指は変形し、痛む ・寮のシャワーは4つのみ ・休みはほぼ無し ・役所の査察のときはタオル作りの事実を隠させる ・1人の女性は脳出血で倒れてしまった 本来は縫製工場で洋服作りなどを学ぶはずが、タオルの製造のみを強いられているようでした。 批判するなら技能実習生の受け入れ体制全体に言及すべきだ。 それらを監理し、実習生を保護するのが、監理団体の仕事です。 企業は実習生を直接採用できず、監理団体を通して求人票を出す。 そのうち ベトナム人技能実習生は約8万3千人だ。 家族にとってはおよそ 4年分の稼ぎを借金して日本に行かせたわけだ。

次の

今治タオル組合、NHK「実習生ブラック工場」が下請け企業であることを明らかに「責任を重く受け止め」

ノーナレ 今治 タオル

その上でこうした外国人技能実習生の待遇に 「社会的責任及び道義的責任があると考えており、この問題を非常に重く受け止めております」としています。 そのため、7月8日(月)午後1時30分から組合員104社を招集して、全員協議とコンプライアンス研修「組織で考える不祥事防止策」を開催いたします。 実習実施企業を監督する監理団体をさらに管理する立場にあり、監理団体の許認可の取り消しもできる。 関係機関とのやりとりは、取材・制作の過程に関わるため、お答えしていません」(NHK広報担当者) 1人で数百人を監理 ベトナムの送り出し機関が運営する日本語学校でセミナーを実施する元尾さん。 当組合では、経済産業省等から指導を受けています「繊維産業における外国人技能実習の適正な実施等のための取組」と「繊維産業の適正取引の推進と生産性・付加価値向上に向けた自主行動計画」を基に、これまで以上に組合員はもとより下請企業の法令及びコンプライアンス遵守について周知徹底を強化します。

次の

NHK「ブラック工場」放送で大揺れ 今度は「今治タオル工業組合」が声明: J

ノーナレ 今治 タオル

いきなり検査するのは禁じられているのか? 会社に情報が入ったら全てを隠蔽するに決まっているだろう。 出典:NHK 発端となった、NHKのドキュメンタリー番組「ノーナレ」では、愛媛県の縫製工場でタオルを製造する、ベトナム人女性たちが、NHK記者に連絡をとり、自分たちの置かれた悲惨な状況を訴えている。 メディアの方につきましては、昼夜かかわらず連絡をお待ちしておりますので、下記まで連絡いただけますと幸いです。 2019年6月24日放送のNHKの番組を受け、タオル製品の製造・販売を行う「オルネット」(愛媛県今治市)が声明を出した。 今治のタオル工場で奴隷労働をさせられるベトナム人技能実習生たち。 保護されたティエンさんたちからの情報により、役所の立ち入り検査が決まった。 組合所属企業が下請けに苛烈な要求を行い、その要求に応えるために当該企業が外国人技能実習生に奴隷労働を強いたのだとすれば、これはひとつの企業の話に留まらず、今治タオルというブランドそのものの価値すら揺るがす大問題ということになります。

次の

今治タオル組合、NHK「実習生ブラック労働」が下請けであることを明らかに「責任を重く受け止め」(BuzzFeed Japan)

ノーナレ 今治 タオル

このマークやブランドの生みの親をご存じですか?そうです、 ユニクロや世界的ブランドを次々と作っている「佐藤可士和」さんなんです。 5㎝くらいの幅がありました。 その訴えは、絶望的な現実を変えることができるのか。 同社やNHKはいずれも、番組で取り上げられた工場と同社は無関係だと発表している。 そこには劣悪な住環境の中、休みもほとんどなく、低賃金で長時間の労働を強いられる日常が映し出されていた。 ただ、取り上げた会社とは無関係な会社がネットに出ています。 「28人のためのシャワールーム」は「むきだしのシャワーが4つ」と、技能実習生制度は現代の奴隷制度ですね。

次の