ヘンデル 水上 の 音楽。 王宮の花火の音楽

ヘンデル「水上の音楽」「頭のなかの♪おたまじゃくし」〜クラシック音楽を聴いてみよう〜

ヘンデル 水上 の 音楽

ウィキペディア(Wikipedia)で調べてみたら ヘンデルは、1710年に、ドイツのハノーファー選帝侯の宮廷楽長に就いていたが、12年以降、帰国命令に従わず外遊先のロンドンに定住していた。 ラッパ風の音は素朴だが、力強さもあり、どことなく、はったり風だが〜 やっぱり聴いてて楽しい。 ヘンデルはハノーファー侯の再三の帰国命令を無視してイギリスに居付いていましたので,「これは困った」ということになりました。 でも、ピノックさんの演奏は、歌うように〜 なだらかに、自由で張りがあって、とても瑞々しい。 348 組曲ト短調 HWV. 先日、CD棚を整理していると、ガーディナー盤を見つけた。 第4曲(アンダンテ)• と、、、、などからなる編成。 上品というよりは、野趣あふれるという言葉がふさわしいかも。

次の

曲目解説:ヘンデル/水上の音楽

ヘンデル 水上 の 音楽

Copyright c mamama All rights reserved. プ(pe) 10. あまり愉悦性の高い演奏とは、言えないかも。 - 18. クリュザンダー版、6曲からなるH. 弦楽合奏とオーボエ、ホルン、トランペット、フルート、リコーダーなどからなる管弦楽編成らしいが、この盤が、どのような編成で演奏しているのか、版の違いも、わかってません。 上では、水上の音楽はに開催されたの定曲とされ、有志によるのやのがなされた。 と思ってしまう演奏である。 テムズ川で舟遊びをする際に、壮大な管弦楽曲を演奏して二人が和解したという話だが、真偽は不明である。

次の

水上の音楽とは (スイジョウノオンガクとは) [単語記事]

ヘンデル 水上 の 音楽

ところが、14年に、そのハノーファー選帝侯が、イギリス王ジョージ1世として迎えられることになる。 絵画でも仏像でも、やっぱ、それなりに知ることが前提条件になっている。 (ユニバーサルミュージック). 豊かなオーケストラの響きと、余裕をもったゆったりしたテンポ設定は、まさに現代オーケストラによる演奏を感じさせてくれる。 形式によると、舞曲形式をとする小曲数曲の楽章から構成されたである。 楽器編成 [ ] 初演では、当時の国王の意向により、勇壮な響きを出すためとのみが使われたが、ヘンデル自身はを使うことを強く主張したので、現在ではその版も広く演奏されている。 ブロックフレーテ中心のI 長調 と,弦楽器とファゴットによるのやや重々しいIIとが交替する。 - 3. 1714年、英国アン女王が子供のないまま亡くなり、血縁関係から、なんと、さんざん不義理を働いた主君、ハノーヴァー選帝侯ゲが、ロンドンに迎えられ、 イギリス国王ジョージ1世として即位したのです。

次の

【中古:盤質A】 水上の音楽、ロドリーゴ、聖セシリアの祝日のための頌歌 ミンコフスキ&ルーヴル宮音楽隊(2CD) : ヘンデル(1685

ヘンデル 水上 の 音楽

お客様は下記のGoogleアカウントの広告設定ページで、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。 夕刻8時頃、国王は御座船に赴いた。 聴いてみると、確かに美しい曲で、うっとりとはするものの、船遊びに適しているのかどうか、わからない。 (Ote, go - eo) 2. 英国も何度か革命を経験しますが、1642年の革命でチャールズ1世がによって処刑されたあと、共和政も破綻し、1660年に大陸にのがれていた王子チャールズ2世が復位します。 ハーティ版が知られる。 ヘンデルがドイツのハノーファーの宮廷に仕えていた頃の主君ハノーファー侯が,何と後年イギリス国王に就任し,ジョージ1世としてヘンデルのいるイギリスヘやって来ました。 なお、の作品にも同名の(ドイツ語で全く同義の "Wassermusik"と題する)管弦楽組曲が存在する。

次の

水上の音楽

ヘンデル 水上 の 音楽

そこでヘンデルが王との和解を図るため、のでの王の舟遊びの際にこの曲を演奏した、というエピソードが有名であるが、最近の研究では事実ではないと考えられている。 (t) 20. そのためが王との和解を図るため、5年のテムズでの王の舟遊びの際にこの曲をして王の機嫌をとったというが有名である。 これにホルンが応答します。 奥行きも広く感じられる。 このリズミカルで、それでいて、艶っぽく〜 ちょっぴり鄙びた感じのする楽器の音色が飛び込んで来る。

次の

テムズの優雅な舟遊び。ヘンデル『水上の音楽〝アラ・ホーンパイプ〟』~古楽器で聴く結婚式の定番曲(6)

ヘンデル 水上 の 音楽

第8曲「ホーンパイプ」• 第1曲(序曲)• ブーレ(Boree) 第3 ト(Ste no. と繰り返して1曲扱いする 5. 野趣あふれる〜というか、その反面、豊かな弦の響きも感じられる。 ・・・と書いてあった。 ワタシが所有しているのは輸入盤で〜ちょっと表記も怪しいのだが。 【第2組曲】 12 メヌエット 一転してフルートと弦楽器によるしっとりとした合奏となります。 混乱するばかりなり〜(ちょっと損をした気分なんですけどね) まっ ジョージ1世でもないんだし、そんな力を入れて聴かねばならないほど、優雅な生活をしているわけでもなし〜と、また、すっとぼけてしまったのである。 ところが、にそのハノーファー選帝侯がイギリス王として迎えられることになる。

次の