ヘーゲル 精神 現象 学。 精神現象学

ヘーゲル(Hegel):『精神現象学』

ヘーゲル 精神 現象 学

ヘーゲルとは? ヘーゲルは1770年に南ドイツのシュトゥットガルトに生まれました。 本書で述べられた「精神哲学」の中の「客観的精神」の部門は『法の哲学』で展開されます。 カントが二元論的立場に立って主体(自我)と客体(彼我)の分離を説いていたのに対して、フィヒテは絶対的自我が一切であるとして主観的な一元論を主張し、これに倣ってシェリングは主体(自我)と客体(彼我)を包摂、総合した超越的な自我のなかに一切は融合させていると考え、「絶対的自我による絶対的自由」を目指す超越論的な観念論を構築した。 いわば、人間精神は全く変化しない、静的なものではなく、動的に拡張されるものだと捉え始めました。 ベルリン大学で講義するヘーゲル プロイセン王国がドイツ連邦内で確固とした地位を確保し、ヨーロッパの大国の一員となった結果、1810年代後半に入ると、プロイセンの改革は緩慢なものになった。 ヘーゲルは神聖ローマ帝国皇帝権の強化によってオーストリア中心のドイツ統合()を期待していたようだが、ライン同盟の発足と神聖ローマ帝国の解体が宣言され、歴史は「帝国愛国者」であったヘーゲルの当初の願いとは反対方向へと後退を余儀なくされる。

次の

精神現象学

ヘーゲル 精神 現象 学

正すなわち「定立」Theseは、あるひとつの立場を直接的に肯定する段階であり、矛盾・対立についての自覚はない。 (講師・記)*2018年4月開講 途中受講歓迎です。 つまり、本質/現象という区分は決して実体的なものではなく、本質が先にあるのでもない。 大学院へ行ったらどうかね?」とお誘いしてくれたのだが、、遺憾せん。 堅田氏は従来『ドイツ憲法論』と訳されていたことを認めつつ、ドイツの国家体制を論じられた内容の性質上タイトルを『ドイツ国制論』と訳した方が妥当であると指摘した。

次の

ヘーゲルの主要著作、どの訳で読む?

ヘーゲル 精神 現象 学

用語 [ ]• そのため「絶対理念」は、そこでは論理学の体系として現れる。 それがヘーゲルの弁証法だ。 〈自分はさっきは「一」を物にふりあて、「多」を自分にふりあてていた。 ギリシア悲劇はヘーゲルの内面にあって楽天的な合理主義を退け、人間(個人)と人間(個人)の衝突、種族(社会)と種族(社会)の 対立に着目し、世界における避けがたい 矛盾と分裂、そして闘争を主題として考察する基本的な学問路線を形成するものとなった。 145-147• bすりかえ• イエス・キリストをカント哲学から読み取って現代的再生を試みた。 後年の生まれでは、哲学者の(1775-1854)が生まれている。

次の

ヘーゲルの哲学

ヘーゲル 精神 現象 学

塩は同時に、辛く、結晶が立方体でもある。 282-283• 『大論理学』(1812-16年) 『大論理学』は存在や理念に関する体系的方法論について弁証法を用いて述べられており、ヘーゲルの弁証法を理解するための必読書といわれています。 。 それが、「 一にして全」という言葉である。 102• 『精神現象学』の「序論」では、ヘーゲルが独自の立場をみいだしたことを具体例をもって力強く表明し、ドイツ観念論の先行者であるフィヒテやシェリングも批判しています。 早瀬 1 p. とはいえ、当時のイェーナ大学はシラーやシュレーゲル兄弟などロマン主義文学の運動を主導した文学者やシェリングなどカント哲学を乗り越えようとした新進気鋭の思想家が集まるドイツ学問の中心地であった。 〔*注1:『資本論』「巨大なる商品集積」〕。

次の

完全解読『精神現象学』竹田・西 著

ヘーゲル 精神 現象 学

ヘーゲルは、フランス革命に理想政治の実現を夢見たが、へと進む革命に期待を裏切られ失望を隠しきれなくなっていた。 言葉でなく指示しようとしても同じである。 〈自分であること=対自存在〉と〈他との連関=対他存在〉という二つの規定も、相容れない排他的なものと考えていた。 ヘーゲルは、共同体と人間の関係について徹底的に考えた人でした。 ヘーゲルはそう考えるわけなのである。 窮状を救ったのが、友人のニートハンマーであった。 第一の特徴は、第一分冊の「」をの第1版から訳出していること。

次の

精神現象学 を読み解く。 ヘーゲル著 世界は精神(ガイスト)であり、世界はガイストの現象 (フェノメノン)であり、世界史は世界精神の弁証法的展開である。 。改訂版

ヘーゲル 精神 現象 学

生涯 [ ] 幼少期 [ ] 詳細は「」を参照 なお、18世紀後期のドイツ社会はの時代に当たり、文豪 1749-1832)が活躍し、同時代人に作家にして哲学者の(1759-1805 や(1762-1814)といった人物が活躍を見せた。 大衆哲学者は著述を通じ、哲学の今日的な問題を紹介したり、を普及させる方法を議論したりしており、多くがやなどの経験論、さらにや ()、などイギリス思想に精通していた。 ヘーゲルは寄宿先のブルクハルト家の夫人クリスチアナ・ブルクハルトとの間にルートヴィヒという庶子をもうけたのだが、この夫人との結婚は立ち消えに終わり、子どもの扶養責任だけを負っていた。 6歳 1788年 卒業。 5冊としたのは、一人の人間がモチベーションを保って読み通せる現実的な冊数だからです。 ヘーゲルの「自然哲学」 ヘーゲルは「自然哲学」を「力学」「物理学」「有機体的物理学」の三段階に分けて論じ、これらの段階のあいだにすべての自然的対象を位置づけました。 C理性(AA)理性• 40-44 参考文献 [ ]• そして、彼はこれこそ真実と宣言するため観念論に客観的論理に根ざした体系をつくりだしたのである。

次の

『精神現象学』ヘーゲル

ヘーゲル 精神 現象 学

つまり、精神と世界は相互作用をするものだと考えました。 98-100• しかし、『』は最も手に取りやすい版で、上下合わせて3500円ほど。 原文の読みにくさに忠実に、なんとか読める日本語にするという苦心の賜だと思います。 、 ヘーゲルはカント的な主観と客観の分裂と、、物自体の不可知という分裂した哲学を総合的に再構築しようとしたのです。 もちろんこれが可能なのは、その裏にへの深い理解と、自らとともに思索し是々非々で臨むという強い意志が潜んでいるからです。

次の