あわ の うた。 あわうた①~基礎編~

あわの歌 20p 本当の国学としてのヲシテ文献、 『ホツマツタエ(ye)』・『ミカサフミ』・『カクのフミ(『フトマニ』など)』

あわ の うた

池田満『ホツマツタヱを読み解く』(展望社、2001年)• スポンサードリンク 「ヲシテ文字」とは何か ホツマツタヱは、ミカサフミやフトマニと並んでヲシテ文献と呼ばれますが、それは、ヲシテ文字で書かれているからなのですが、この「ヲシテ」の意味とは、によると、ヲシ=愛くしみ教える + テ=手、為しゆく手段…ということだそうです。 相図象は、それぞれの子音に対応した立体的な意味・イメージを平面に映して表している。 そして、『あわのうた』や『フトマニの図』を始めとする様々なことは、『ホツマツタエ』(古事記、日本書記の大元の文献とされており、縄文時代に編纂されたと言われておる。 、により、当時言語が乱れコミュニケーションに不都合を生じるだけなく人心も乱れたため、このウタが使われたという。 これまで、人間界の歴史では、魔王・悪神が操る王者・支配者が、声高に叫ぶ泡吹く言葉によって、民衆は慌て、踊らされ、不安定な世の中となってきた。 ということは、縄文時代というの は、木の実を食べて原始的な生活をしていたかのように教えられてきましたが、漢字が伝来するはるか昔より、日本固有の文字(ヲシテ文字=神代文字)を持っ ていて、高度な文明も持っていたということです。

次の

あわの歌 20p 本当の国学としてのヲシテ文献、 『ホツマツタエ(ye)』・『ミカサフミ』・『カクのフミ(『フトマニ』など)』

あわ の うた

また、にも詳細な説明があります。 これが、日ノ本に漢字の音と訓が存在する理由である。 『あわのうた』を歌うことで、体内の細胞が活性化され元気になると、まことしやかに言われており、これに賛同する者が、増えつつあることも確かである。 UFOや宇宙人が波動を落とすと可視化するように。 力なり。

次の

アワのうた

あわ の うた

parastorage. しかもこのイサナギ・イサナミの両神は、第7代アマカミ(古代天皇のこと)で、第6代のオモタルとカシコネに嫡子がいなかったため選ばれました。 また、かな文字も漢字も、縦書きでも横書きでもも文も成立するが、ヲシテでは縦書きでなければ語彙も文も成立しない。 その二つこそ、神に捧げる全ての 大本、根本なれば。 ネットから拝借。 eot? ヲシテ文献は、古事記や日本書紀の原書と言われていたりもしてます。 はじめに このブログには、 マントラや 真言というワード検索から訪れてくださる方も多いのですが、それらは元々サンスクリットによるもので、主にインドから入ってきたのですが、この日本にもそれらマントラのようなパワーを持つ、縄文時代から脈々と伝わってきた「言霊(ことたま)」があるのです。

次の

ヲシテ

あわ の うた

特に決まった旋律はないので、自分に合った歌い方でいいでしょう。 。 なればホツマも、神世文字も、全てを読みて、 意味を知り、神のご意図を読み解かば、 必ず歴史も読み解かれ、過ち間違い正されなんを。 parastorage. 全体的に読むと、気持ちが軽くなりストレスから解放するチカラがある、といったところが共通点ですね。 このうたは、ホツマツタヱに書かれている48文字(ヨソヤコヱ)から成る「うた」です。 ・・・という具合です。 あー変態。

次の

あわうた 48音の神秘 言霊

あわ の うた

parastorage. これからも、注意が必要である。 「アワウタ」だけしか知らなかったら、99.964%が、これからの事だと言えます。 言葉は統一されていき、クニも安定していきました。 これら3文献は、古事記・日本書紀のいわゆる記紀の大元となった原書とも言われており、記紀のように余計な創作物語をねじ込まれたり、大事なトコロをバッサリとカットされたり、為政者の都合によって改竄されたりすることなく、我々にそのままの真実を伝えてくれているものだと思っています。 この神話は、魔王が呪術者に告げた、日ノ本の国が誕生した偽りの物語である。 eot? 「あわうた」そもまた言霊強き、浄めの力を持つ なれば、日々に唱える、そもよからん。

次の

awautacard

あわ の うた

で、「あわのうた」ですが、ヲシテ文献のひとつ「ホツマツタヱ」の中に、心と内臓を整える唄ということで書かれていて、これを歌うことは祝詞やマントラを唱えるのと同じでとってもパワーを得るというので、皆さんにも是非オススメしたいと思い、今回は「あわのうた」について書きたいと思います。 「アワのうた」の誕生 天神6代目のオモタル(男神)とカシコネ(女神)の時に、両神(ふたかみ)は全国を巡って農業開発に努力しました。 四十八音の神々の言霊(ことだま)とはアカハナマ四十八音のことです。 そのとき近し。 当時、日ノ本の国は、誕生したばかりの頃であり、国全体の秩序が乱れ、天候不順もあいまって、日ノ本は混乱状態となっていた。 平仮名版 [ ] あかはなま いきひにみうく ふぬむえけ へねめおこほの もとろそよ をてれせゑつる すゆんちり しゐたらさやわ 片仮名版 [ ] アカハナマ イキヒニミウク フヌムエケ ヘネメオコホノ モトロソヨ ヲテレセヱツル スユンチリ シヰタラサヤワ 変体ヲシテ [ ] モトアケ(小笠原長武写本)。

次の

第8話 魔の言葉、あわの歌

あわ の うた

概要 [ ] ヲシテは、いずれも中期には存在したことが確認されている『』『』『カクのミハタ(など)』を記述している文字である。 から日本列島で用いられていたと一部のヲシテ文献研究者に考えられている。 なれど神世の交信に、ホツマをはじめ、多くの文字が 人の作りしにはなくて、神の与えし文字として、 使われ、書かれ、読まれしを。 民の糧も豊かに、政事も行き届いた平和な国です。 ヲシテ文字、ヲシテ文献については、池田満さんという方が精力的に研究をされており、著書もたくさん出していて、YouTubeで解説までやられていますので、僕もこれから勉強したいと思ってる段階なのですが、下記枠内にリンクを貼っておきますので、是非目を通してみてください。 もちろん僕は、まだまだその域には達していないが。 成立当初のものと思われるヲシテの異体字がある。

次の

「あわのうた」を歌って心と身体を整えよう!

あわ の うた

後世に、漢字国字化時代以降の「陰陽」に当てはめてOKとするのは、大誤訳です。 parastorage. また、不安・心配が存在する社会では、国司る政治家や権力者が、民衆を相手に脚光を浴びる舞台が整い、彼らが主役となって、世の中を支配できるからである。 parastorage. そんな時は、標準文字が良いかとも思います。 parastorage. 残念ながら世嗣子に恵まれず、死後国は再び乱れ無秩序な状態になっていました。 parastorage. )と考え、アから始まりワで終わる、五、七調のうた、つまり『あわのうた』を作った。

次の