マイ ボス マイ ヒーロー 2。 マイ★ボス マイ★ヒーロー

マイ・ボス マイ・ヒーロー2 リターンズ

マイ ボス マイ ヒーロー 2

その上、毎日黒板掃除、クラスメイトの様々な文句のはけ口、さらにはウサギ小屋の掃除……と雑務に追われる日々。 ストーリーなんて前作 とほとんど同じぢゃんっ! この手のジャンルだと、そうそう新鮮なネタはないのでしょうかねぇ・・・・・・ 乱闘でドゥシクが頭を殴られるのまで同じで・・・・ 女教師ナヨンの存在ははっきり言っていらなかったわー ナヨンは「ただいま恋愛中」のチャヒよー 前回同様、サンドゥのプレイボーイぶりで笑いを狙いたかったんだろうけど・・・ハズしすぎ・・・ 少しも面白くなかったわ。 121• 真喜男に負けず劣らず頭が悪い。 私立宙船高等学校 真喜男がセント・アグネス学園退学後、再入学した学校。 横浜、群馬、房総に支部がある。

次の

《マイ☆ボス マイ☆ヒーロー》第2話 : まぁ、お茶でも

マイ ボス マイ ヒーロー 2

真喜男の担任の南百合子に想いを寄せている。 榊美喜男役の黄川田将也、萩原早紀役の村川絵梨は当番組以外にも『』(2005年-2006年、NHK)など、大森美香が脚本を担当する作品に何度か起用されている。 真喜男が侍らせた女性 - 、、、、、 第5話• 今も卒業試験の勉強に必死になっている。 熊田勝巳が幹部を務める。 明応大学在学中。

次の

チョン・ジュノ、映画「マイ・ボス マイ・ヒーロー2」続編の出演を前向きに検討中…14年ぶりに制作

マイ ボス マイ ヒーロー 2

第6話にて真喜男のことが心配なので裏口入学するつもりだったが金がかけられないため事務職員のアルバイトとして学校に出入りしている。 仁科 寛子(にしな ひろこ) 演 - 天堂由加里とフェイ・リンと行動を共にすることが多い。 この校長はただ者ではありません。 それからは青春の楽しさを知り、高校生活を楽しむようになる。 南校長の娘。 第3話の中盤では立体駐車場の中で暴力団に殴られ、星野君が倒れた際に走ったほか、第6話のプリンの争奪戦では、瀬川がスリッパを投げつけた際は3人に飛び掛かって制圧した。 」と激怒するも「コォーッ!! しかしミジョンは、学校の持ち主である財団 の理事であるイ先生に援交を強いられていた。

次の

チョン・ジュノ、映画「マイ・ボス マイ・ヒーロー2」続編の出演を前向きに検討中…14年ぶりに制作

マイ ボス マイ ヒーロー 2

関東鋭牙会組員 - 、• 【原題:頭師父一体】(2001年:)の続編。 鬼所 -• 好きな物は酒と煙草と女と喧嘩で、プリンが大好物。 3年C組生徒 - (第6話、最終話)• ケ・ドゥシクとして戻ってくるチョン・ジュノが映画界でもう一度コメディブームを巻き起こすだろうか、今後が注目される。 北極会 熊田一家と同様関東鋭牙会と敵対している組。 真喜男の頭があまりにも悪く、大事な商談さえも台無しにしたために「来年の春までに卒業証書を持ってこないと組を継がせず、破門にする」と言い、真喜男に高校入学を命ずる。 生徒やOBに不良が多く、聖アグネス学園の生徒を「親のすねかじりのお坊っちゃん」とバカにしている。 黒井や和弥と同じく真喜男の世話役。

次の

《マイ☆ボス マイ☆ヒーロー》第2話 : まぁ、お茶でも

マイ ボス マイ ヒーロー 2

田中聖• これをすべてクリアすると、正真正銘のカップルとなれる。 「親分(頭 目)と先生(師匠)と父は一つだ。 水島 椿〈50〉 演 - 養護教諭。 頭師父一体」と自信ありげに叫ぶドゥシクは,果たしてこういう難関をどのように切り開くのだろうか。 外部サイト. とくにボス役のキム・サンジュンがなかなか渋い。 2度目の謝罪の際も真喜男に対して事情を知らない他のクラスメートがナンパのやり方について教えられたことをお礼に言いに来たため、火に油を注ぐ形となり「榊君なんか大嫌い」と激怒した。 初めは恥をかくのが嫌で練習や試合を嫌がっていたが真喜男の言葉により試合に参加する事を決意した。

次の

マイ★ボス マイ★ヒーロー

マイ ボス マイ ヒーロー 2

熊田と組む。 2年B組生徒 - (第6話、最終話)• 真喜男に学校の大切さや青春の楽しさなどを教える。 結城 明美(ゆうき あけみ) 演 - 田中ら女子グループの一角で田中や千葉、三ノ輪と行動を共にすることが多い。 思わず立候補し、念願(?)の学級委員=「組長」となったのだった。 諏訪部 祐樹(すわべ ゆうき) 演 - 学年順位9位の成績を誇る優等生。 ストーリーはこんな感じよ。

次の

チョン・ジュノ、映画「マイ・ボス マイ・ヒーロー2」続編の出演を前向きに検討中…14年ぶりに制作

マイ ボス マイ ヒーロー 2

」を再び熱唱している。 しかし文化祭では練習には消極的だったものの本番では真喜男のドラムをバックアップした。 桜小路 順(さくらこうじ じゅん) 演 - 当時) 真喜男の親友で最大の理解者。 真喜男のことを「若」と呼ぶ。 。

次の