Kalafina 歌詞。 空之境界「Fairytale」Kalafina 歌詞

seventh heaven 歌詞 Kalafina ※ massmutual.scholarsapply.org

kalafina 歌詞

I desire for happiness and sadness, to be deeply engraved. The time when the stardust disappears is In the midst of the light that we first see. While crying, it seems like we can slowly move towards understanding each other. yasashisa wo shiranai kimi ga kureta yasashisa ga garan no kono mune ni namonaki hikari wo tomoshite iru kodoku no fune wo kogi kagaribi wa nageki tsudou garan no sekai niwa amata no ARIA ga hibiite iru 中文: 夢境碎片 那是你給我的 藏在那不曾天明的黑夜裡 相互依偎的星星 一個接著一個的消失 迴響著這黎明的詠嘆調 在這場停不了的滂沱大雨中 連看守你心中的魔物都沒有 現在 已經沒有你的未來 開始了 在這份沒有盡頭的愛裡 你給予的篝火 在伽藍的心穴裡 照耀著重生的命運 消逝的事物 永恆不朽的事物 淒厲的天空正發著光 和寂寥的 詠嘆調重疊 與報曉離別的微笑相抵 喂、人要到什麼時候才會不再一個人 被囚禁在兩個人這樣的觀念裡 走下去呢 但是你那璀璨的未來 已經開始了喔 連溫柔都不曉得 連你給的那分溫柔 伽藍之洞的胸口 點著無名的光 划著孤獨的扁舟 聚集著篝火的嘆息 在這個伽藍的世界 仍是無數的詠嘆調 在迴響著 中文: 夢境的碎片 是由你所贈予 又潛回漫長的夜色裡 原本依偎的星辰 一顆卻已消逝 化作夜明前迴響的詠嘆 此刻 身處這無盡的煙雨中 我已無暇再畏懼往昔 如今 已經失去了你的未來 卻悄然伊始 這永無止境的黑暗中 是你所賜予的篝火 在我伽藍般的心裡 照亮這初生的生命 消逝的生命與 不變的世事 淒慘的天空閃耀著光亮 與君道別 相視微笑 又交織了多少寂寞的歎息 告訴我 是否人總是孑然無依 所以才嚮往著兩人並肩而行 可知 屬於你的美好未來 才剛剛開始 對不懂溫柔的我 是你給予我那麼多溫柔 在我伽藍般的心裡 點起一盞無名的燈火 搖一葉孤獨的扁舟 載著篝火聚集的悲嘆 在這伽藍的世界中 迴響著無數的詠嘆 英文: these fragments of a dream that you have given me remains dormant in this unending night. Kalafina oblivious 作詞:梶浦由記 作曲:梶浦由記 本当は空を飛べると知っていたから 羽ばたくときが怖くて風を忘れた oblivious 何処へ行くの 遠くに見えるあの蜃気楼 いつか怯えながら 二人の未来を映して よるべない心二つ寄り添う頃に 本当の悲しみがほら翼広げて oblivious 夜の中で 真昼の影を夢見るように きっと堕ちて行こう 光へ 更多更詳盡歌詞 在 いつか 君と 二人 夜を 朝を 昼を 星を 夢を 夏を 冬を 時を 風を 水を 土を 空を we go further in the destiny…… oblivious 側にいてね 静かな恋がほら始まるよ いつか震えながら 二人の未来へ oblivious 何処へ行くの 遠くへ逃げてゆく水の中 何て綺麗な声で 二人の未来を 歌って. There is already nothing left in the midst of this unending rain that fears the past Right now, the future that you have lost, has once again just begun. あと一度だけ奇跡は起こるだろう 優しい声で描く歪んだ未来 もう誰も泣かない世界の為に 紅く汚された空の 何処にも届かず消える叫びと祈り 慰めは捨てて行ける 奇麗な月の光が 始まりへと沈み行く その彼方へ 閉ざされてく瞳で まだ遠くへ 手を伸ばす 君の嘆きを信じて 本当は誰が救われたくて 迷う心が空に穴を穿つ 君を選んで たった二人の歓びを探せたなら どんな冷たい焔に身を焼かれても 微笑みの近く のたうつ夢 命の意味 怯えてるこの世界を 澄んだ水の中へ還したい 哀しみだけ消せはしない そんな人の心の理さえ この手で切り裂いて down to zero we go 奇麗な月の光は ただ静かに 始まりへ朽ちて行くよ 閉ざされた憧れは まだ遠くへ 闇の中 君と生きた 日々の全て 優しい歌. 空之境界「ARIA」Kalafina 歌詞 ARIA 作詞:梶浦由記 作曲:梶浦由記 歌:Kalafina アニプレックス配給アニメ映画「空の境界」第四章主題歌 日文: ユメのカケラ 君 きみ がくれた 明 あ けない夜 よる に潜 ひそ む 寄 よ り添 そ う星 ほし 一 ひと つ消 き えて 夜明 よあ けの ARIA が響 ひび いた もう この止 や まない雨 あめ の中 なか で 昨日 きのう に怯 おび えることもない 今 いま 君 きみ を失 な くした未来 みらい は 始 はじ まったばかり 果 は てない闇 やみ の中 なか 君 きみ がくれた篝火 かがりび が 伽藍 がらん のこの胸 むね に 生 う まれたいのちを 照 て らしている 消 き えたものと 変 か わらぬもの 無惨 むざん な空 そら が光 ひか る 別 わか れを告 つ げ 微笑 ほほえ み合 あ い 寂 さび しい ARIA を重 かさ ねて ねえ、人 ひと は何時 いつ まで独 ひと りで 二人 ふたり に焦 こ がれて行 い くのだろう まだ 君 きみ の綺麗 きれい な未来 みらい は 始 はじ まったばかり... Kalafina seventh heaven 作詞:梶浦由記 作曲:梶浦由記 歌って欲しい 静かな愛の言葉 泣いていたのは 貴方のせいじゃなくて 夜の中に消えて行った 淡雪に別れを告げたの 闇の中から聞こえた胸の鼓動が やっと痛みを私に教えてくれた この傷に口づけて 儚く触れ合う指を 離さないでいて ずっと こんなに明るい世界へ 君が私を連れて来た 眩しくて眩しくて 何も見えない 光の中 強く抱きしめていて 更多更詳盡歌詞 在 凍えた吐息を分け合い 貴方と私の 名残の雪が溶けて それは夢のような 日々の中 貴方が笑ってる それだけでいい ただ傍にいるから もう一人じゃない ずっと 二人で行く まほろば 歌って欲しい 君の 僕の 夜の 朝の 海の 空の調べ. Kalafina symphonia 作詞:梶浦由記 作曲:梶浦由記 ずっと昔の物語を聞かせて 貴方が今日だけのコーラスを重ねて symphonia of time 胸に眩しい花火のような憧れ 迷いと躊躇いの誘いを進むよ 東の風に 昨日の景色を見届けたら 時の手を取って まだ見ない明日へと 今、明るい音楽世界の彼方へ 貴方のいのちが愛を奏でている 更多更詳盡歌詞 在 いつか全ての大地に降る夜明けへ 小さな灯火一つだけで進むよ 夢の行方を きっと静かな 鐘の音が見送ってくれる 果てしない地平へと 今、明るい音楽空に届くまで 僕らの信じた愛を奏でている ひとの想いが花咲き降り積もり 僕らの世界を愛で満たしてゆく 聞かせて 貴方の調べ. 空之境界「傷跡」Kalafina 歌詞 傷跡 作詞・作曲・編曲:梶浦由記 歌:Kalafina アニプレックス配給アニメ映画「空の境界 第三章 痛覚残留」エンディング・テーマ 日文: 静 しず けさから歩 ある き出 だ す まだ見 み ぬ愛 あい の景色 けしき へ この痛 いた みを信 しん じたいの 夜 よる を越 こ えて 貴方 あなた が触 ふ れた胸 むね に優 やさ しい傷 きず が一 ひと つ 隠 かく していた涙 なみだ が紅 くれない に零 こぼ れ落 お ちて 冷 つめ たい肌 はだ の上 うえ にやっと灯 とも した花 はな びら 私 わたし がここにいる さいわいを歌 うた うよ もう夢 ゆめ も終 お わる 星 ほし くずが消 き える頃 ごろ ね え、生 い きていると分 わ かるほど抱 だ きしめて 静 しず けさから生 う まれて まだぬくもりも知 し らず ただいのちに届 とど きたいの 夜 よる を越 こ えて なつかしいなつのあめ 私 わたし を見送 みおく ってね 信 しん じ合 あ う始 はじ まりへ 泣 な きながら行 い けるように よろこびもかなしみも 刻 きざ みつけたい深 ふか く 貴方 あなた とここにいる さいわいの名残 なごり に 星 ほし くずが消 き える頃 ごろ 初 はじ めて見 み る光 ひかり の中 なか で その瞳 ひとみ で くちづけで 恋 こい した跡 あと を下 くだ さい 生 い きることに貫 つらぬ かれて泣 な いてみたい 静 しず けさから歩 ある き出 だ す まだ見 み ぬ遠 とお い夜明 よあ けへ ただ願 ねが いを叶 かな えたいの 夜 よる を越 こ えて 羅馬: shizukesa kara arukidasu madaminu ai no keshiki he kono itami wo shinjitai no yoru wo koete anata ga fureta mune ni yasashii kizu ga hitotsu kakushite ita namida ga kurenai ni kobore ochite tsumetai hada no ue ni yatto tomoshita hanabira watashi ga koko ni iru saiwai wo utau yo mou yume mo owaru hoshikuzu ga kieru koro nee, ikite iru to wakaru hodo dakishimete shizukesa kara umarete mada nukumori mo shirazu tada inochi ni todokitai no yoru wo koete natsukashii natsu no ame watashi wo miokotte ne shinjiau hajimari he naki nagara yukeru you ni yorokobi mo kanashimi mo kizami tsuketai fukaku anata to koko ni iru saiwai no nagori ni hoshikuzu ga kieru koro hajimete miru hikari no naka de sono hitomi de kuchizuke de koishita ato wo kudasai ikiru koto ni tsuranukarete naite mitai shizukesa kara arukidasu madaminu tooi yoake he tada negai wo koetai no yoru wo koete 中文: 我從寂靜中邁步而出 走向未曾見過的愛情 只為確認傷痛的真切 我要穿越這片黑夜 你的手撫過我的胸口 留下一道淺淺的傷痕 讓我隱藏已久的淚水 化作鮮紅的血珠滴落 在我冰冷的肌膚之上 終於點亮了一朵鮮花 而此時此刻我在這裡 為這份幸福而高歌 當漫長夢境已然終結 繁星也將消失的時候 為了感受生命的存在 請你將我緊擁在懷中 我從寂靜中誕生於世 未曾知曉溫暖的感覺 只為尋找到生命所在 我要穿越這片黑夜 令人懷念的夏日細雨 仿佛在默默為我送行 願我能帶著淚水走向 嘗試彼此信賴的開端 無論是欣喜還是悲傷 都願深深銘刻於心中 作為曾與你在此相伴 所留下的幸福痕跡 在繁星即將消失的時候 在初次見到的曙光之中 請用目光給我一個吻 為我留下愛過的痕跡 讓生命貫穿我的軀體 我願試著去哭泣 我從寂靜中邁步而出 走向未知的遙遠黎明 只為實現心中的願望 我要穿越這片黑夜 中文: 從寂靜中走出 邁向未曾見的愛的景色 冀信於這痛楚 度過夜晚 你觸摸的胸中有一個溫柔傷口 隱藏的淚水滴落於那抹鮮豔唇紅 冰冷的肌膚上終於綻放了花火 我在這裡 歌唱幸喜 夢已經終結 群星消失之際 吶 請抱緊我讓我感到仍然活著 誕生於寂靜中 尚不知何謂溫暖 只是想接近生命 度過夜晚 令人懷念的夏雨 請為我送行 走向互信的開始 且行且泣 喜悅也好悲傷也罷 希望都能深深鐫刻 與你同在於此 留為幸福紀念 群星消失之際 始見光芒之中 請用這雙瞳 這張唇 留下愛的痕跡 生存下去的信念令我想要哭泣 從寂靜中走出 奔向未曾見的遙遠黎明 只想實現願望 度過夜晚 英文: Starting out from the silence towards scenery of love that I cannot see yet Lets cross the night that so believes in this pain. 吶,人總是獨自一人 而內心渴望成雙成對的行走著吧? 你那美好的未來 現在 才正要開始… 優しさを知らない 君がくれた優しさが 伽藍のこの胸に 名も無き光を 灯している 不知溫柔為何物的你 所給予的溫柔 點燃在我伽藍的這顆心中 那無名的光芒 孤独の船を漕ぎ 篝火は嘆き集う 伽藍の世界には 数多の ARIA が響いている 划動孤獨的船 篝火聚集了嘆息 在伽藍的世界裡 迴響著無數的ARIA. sayonara kiri no mori o nukete kimi wa doko e yuku hitotsu dake te o futte asu e satteyuku kimi o suki ni natte eien wa owaru ikiteyuku yorokobi to itami ga hajimaru in the light 中文:童話 回想起了 留在孩提歲月的夢 細細歌詠著 露草色的悲傷 my fairytale 什麼都不會結束 我們知曉了如此的永遠 誰都無法述說的 我倆的童話故事 留下一個吻 你要前往何方 擁抱一盞燈火 隱沒在森林裡 in the dark 你那令人懷念的臉龐 卻愈走越遠了 我卻總是 無法到達你那遙遠的家 your fairytale 就這樣 夢見的永遠被封鎖 犯下的過錯也被藏起來 逐漸消失的歸途 你也再也看不見 ……再見了 穿越迷霧的森林 你要前往何方 只用一隻手揮別 拂去了明日 一旦喜歡上了你 永遠也將告終 活著的歡喜 和痛楚也隨之開始 in the light 中文: 想起了那孩提時代 所追尋的夢想 淡綠色的悲傷 輕聲甜蜜地歌唱著 my fairytale 什麼都不會結束 瞭解並無所謂的永恆 無人知曉的 二人的故事 留下一個吻 你去向何方 懷上一盞燈 消逝於森林 in the dark 一直向著遠方漸行 令人懷念的容貌 你那處在遠方的家 永遠都抵達不了 your fairytale 夢裡見到的永遠依然被緊閉著 過錯依然這般被深深的隱藏著 逐漸消逝的歸途 你再也看不見了 ……再見了 逃離迷霧森林 你前往何方 揮手告別 前往明天 愛上了你 終結永遠 伴隨著歡喜 與痛楚 開始活下去 in the light. Kalafina fairytale 作詞:梶浦由記 作曲:梶浦由記 子供の頃に置いてきた 夢を思い出した 若草色の哀しみを 細く甘く歌う my fairy tale 何も終わることのない 永遠を知っていた もう誰も語らない 二人の物語 キスを一つ残して 君は何処へ行く 灯火一つ抱いて 森に消えて行く in the dark ずっと遠くへ歩いてく 懐かしい面影 ずっと遠くが君の家 辿り着けはしない your fairy tale 夢に見た永遠は閉ざされたままで 過ちは深く隠されたままで 消えていく帰り道 君がもう見えない ……さよなら 霧の森を抜けて 君は何処へ行く 一つだけ手を振って 明日へ去って行く 君を好きになって 永遠は終わる 生きて行く喜びと 痛みが始まる in the light -------------------------------------------- 更多更詳盡歌詞 在 fairytale 中文歌詞 : 獨自一人默默憶起了 孩提時代早已塵封的夢想 輕聲細語、甜美地吟唱著 浸淫在淺綠中的悲傷 my fairytale 早已明白所謂''永遠'' 只是個美麗的傳說 再也不會有人提起 只屬於你我的故事 留下淡淡吻痕 你將去向何方 手握一盞明燈 逝於森林盡頭 in the dark 一直向著遠方行走 那令人懷念的容貌 遠在他方的你的家 也許永遠無法到達 your fairytale 夢境中的永遠仍被緊緊封鎖 往日裡的過錯依舊深深匿藏 歸途逐漸消逝 你亦蹤跡難尋 ……再見了吧 逃離迷霧之森 你將去向何方 揮手訣別昨日 獨自去往明天 只因愛上了你 永遠亦會終結 生存的喜悅與悲痛 一切都已拉開序幕 in the light.。 試聽 在 KKBOX 中開啟 Aria 作詞:梶浦由記 作曲:梶浦由記 ユメのカケラ 君がくれた 明けない夜に潜む 寄り添う星 一つ消えて 夜明けの ARIA が響いた もう この止まない雨の中で 昨日に怯えることもない 今 君を失くした未来は 始まったばかり 果てない闇の中 君がくれた篝火が 伽藍のこの胸に 生まれたいのちを 照らしている 消えたものと 変わらぬもの 無惨な空が光る 別れを告げ 微笑み合い 寂しい ARIA を重ねて ねえ、人は何時まで独りで 二人に焦がれて行くのだろう まだ 君の綺麗な未来は 始まったばかり... Kalafina「満天」歌詞 「満天」 作詞:梶浦由記 作曲、編曲:梶浦由記 歌:Kalafina 日文: 静かに瞬く 星たちの散り逝く空 届かぬ祈りが 天と地を満たしてた 細い枝に光るのは 咲き忘れた未来 まだ名残惜しそうに蕾を落とした ほら、もう時は満ちて 実る黄金の果実 その手で摘み取るだけで 世界は終わるから 穢れぬものとして降る雪の白さは 温もりを知れば消えてしまうの 奇麗な夢だけが貴方を切り裂いた 冷たい瞳の優しさと真実 激しく瞬く星たちは天に背いて 仇なす祈りが この空を墜とすまで 私を弔う為の 花束はいらない 心が潰えぬうちに願いを叶えて 見届けてみたい 人の望みが 燦々と光に満ちる時を 翼を欲しがって誰もが泣いていた 命が奏でる 満天のコーラス 焼け焦げた願いが 空を抉じ開ける頃に 懐かしい故郷は きっと花の盛りでしょう 激しく瞬く星たちの夢の跡 安らぎのあると人の言う 最果てまで 月影優しく 行く路を教えてよ 静かに瞬く星たちの 祈りの空 貴方の叫びで この夢が終わるまで 羅馬: 静かに瞬く shizukani matataku 星たちの散り逝く空 hoshitachi no chiri iku sora 届かぬ 祈りが todokanu inoriga 天と地を満たしてた tento chio mita shiteta 細い枝に光るのは hosoi edani hikarunowa 咲き忘れた未来 saki wasureta mirai まだ 名残 惜しそうに蕾を落とした mada nagori oshisouni tsubomio oto shita ほら、もう時は満ちて hora mou tokiwa michite 実る黄金の果実 minoru ougon no kajitsu その手で摘み取るだけで sono tede tsumi torudakede 世界は終わるから sekaiwa owarukara 穢れぬものとして 降る雪の白さは kegarenu monotoshite furu yukino shirosawa 温もりを知れば消えてしまうの nukumorio shireba kieteshimauno 奇麗な 夢だけが 貴方を切り裂いた kireina yume dakega anatao kiri saita 冷たい 瞳の優しさと真実 tsumeta i hitomi no yasashisato shinjitsu 激しく瞬く星たちは 天に背いて hageshiku matataku hoshi tachiwa tenni somuku ite 仇なす祈りが adanasu inoriga この空を墜とすまで kono sorao oto sumade 私を弔う為の watashio tomurau tameno 花束はいらない hanataba hairanai 心が潰えぬうちに 願いを 叶えて kokoroga tsuienuu chini negaio kanaete 見届けてみたい mitodokete mitai 人の望みが hitono nozomiga 燦々と光に満ちる時を san to hikarini michiru tokio 翼を欲しがって 誰もが泣いていた tsubasao hoshigatte daremo ga naiteita 命が奏でる inochiga kanade ru 満天のコーラス manten no Koorasu 焼け焦げた 願いが yakekogeta negaiga 空を抉じ開ける頃に sorao eguru ji hirakeru goroni 懐かしい 故郷は natsukashii kokyouwa きっと 花の盛りでしょう kitto hanano sakari de shou 激しく瞬く星たちの夢の跡 hageshiku matataku hoshi tachino yume no ato 安らぎのあると 人の言う yasuragi no aruto hitono iu 最果てまで sai hate made 月影優しく tsukikage yasashiku 行く路を 教えてよ iku michio oshieteyo 静かに瞬く星たちの shizukani matataku hoshi tachino 祈りの空 inori no sora 貴方の叫びで anatano sakebide この 夢が終わるまで kono yumega owarumade 中文: 靜靜地閃耀著 流星散落的夜空中 無法傳達的祈禱 迴蕩在天地間 細枝葉上的微光 是忘記綻開的未來 依舊戀戀不捨的花蕾凋謝而去 看呀 那已到了成熟時機的 黃金果實 僅僅是用這雙手去採摘 世界就已經終止 飄落的那污穢不堪卻又潔白無瑕的雪花 在感受了溫存後消失殆盡 正是那美麗的夢想將你無情地撕碎 冰冷的瞳孔裡的那份溫柔和真相 激烈地閃耀著 星星們背離天而逝去 背信的祈禱 直到這片天空墜落 為此弔唁我 根本不需要花束 在內心還未消散之前實現願望 想好好看清楚 人們的願望 洋溢著燦爛與光輝之時 即便是任何人哭泣著想要羽翼 用生命奏響 滿天的合唱 燃眉之急的心願 打開天空之頃刻間 懷念的故鄉仍是 必然綻放盛開的花野 激烈地閃耀著 星星們的夢之軌跡 人言安樂之時 直到最深盡頭 月影如此溫柔 告訴我前行路途 靜靜地閃耀著星星們 祈禱的天空 你的吶喊聲 直到這份夢境已終結. 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 意味もないくらいの寂しさ 公園のベンチで笑っていた 哀しい景色がいつも一番奇麗に 見果てぬ夜明けのimage ユメのカケラ君がくれた ひかりがふる始まりへとドアが開く 未来は君に優しいだろうか がらんとした世界慰めの欠片も ライトの影には憂い顔した 夜明けへ急ぐ電車の窓に 未来の中へ羽ばたきながら この先は海へ向かうしか In dulci Jubilo let us our いつのまにか答えの無い we wish you a merry 甘い夢から覚めた名残のように 闇が夜明けに変わる頃 雨に打たれた街の空には 奇麗な感傷が壊れた海に 本当は空を飛べると知っていた 本当は空を飛べると知っていた それでも誰かを信じたい君の 冷たい涙をたたえて こんなに晴れ渡る 木いちごの茂みに恋心甘く 静けさから歩き出すまだ見ぬ愛 あたたかな風の中で誰かが あたたかな風の中で誰かが そっと開いたドアの向こうに 五月の吐息に触れて 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 秋の雫が貴方の頬に憂いを 愛しさはすぐ近くにほんとうは こいびとの昔語りの夕暮れの 伝えたいことと違う色に 息をするだけじゃ叶わない 水色の夜明けは夢見てた こいびとの白い手のひらに一粒 いつか君の手を取って いつからこの場所で泣いて 何だってすぐにこんな風に ずっと昔の物語を聞かせて jingle bells jingle bells 秘密の黄昏に君の手を取った 雪は白く大地を染めて 君と出会い叶わぬ夢を見た 歌って欲しい静かな愛の言葉 春を待つ花のように風の中 夏空を慕い追いかけて行く雲は 仄暗い霧の中消えて行く 恋人のようなキスをもう一つ 夢を語りすぎて命が軽く あと一度だけ奇跡は起こる 歩き回ってたぼくたちの物語 小さな足音を夢の中で聞いた ふりつもるのは白くやさしい 八月のいちばん高い空から 垣根の向日葵に隠れていそいで 振り向いた風の欄干に 硝子の花束を抱えきれず have yourself a merry 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 静かな山査子の祈りのように 雨が遠くなるほころびた雲の中 この空の輝き君の胸に届いてる ひかりが夢のような歌が 夢を見て僕らは泣いた まだ何も知らない二人だった この目を開いて見えるものを 知らない景色がいつも 歌って欲しい夜を越えて 子供の頃に置いてきた夢を from heaven above to 見えない空辿って 気紛れな心の真実 君が見る夢は古いインクで 小指が遠すぎた最後の高い音を 奇麗な空が見えた いつか君が瞳に灯す愛の光が ほころびて行けばあとは散る 僕等が乗る筈だった船は沈んで 空の高みを見つめながら 静かに瞬く星たちの散り逝く空 彼方へ君の手を取り心だけが 夢を叶えて一人で探してた 手のひらのくぼみに もう一度だけさよならを 満月の夜を待ちわびていた 信じきっていた世界の形だって モノクロの吐息だけで もろびとこぞりていざむかえよ 優しい気持ちになることが ひとりきり佇んでいた風の中 暗闇が君の頬を紅く染めている こんなに静かな薄紅の夜明けに 暗闇の中で睦み合う絶望と いつもの夜になればいつもの 初めて出会ったその日から 月の光が貴方の頬に触れたら いつか心が消えて行くなら 手を伸ばして君に触れたとき 君が出会った心はきっと. Born from the silence While not knowing anything about warmth let us cross the night that only wants to be delivered into our lives. in the chest that you touched, there lies a single, kind scar and the tears that i hid are over spilling in crimson the petals above this cold body that finally lit up I am right here singing about happiness. 試聽 在 KKBOX 中開啟 Storia 作詞:梶浦由記 作曲:梶浦由記 秘密の黄昏に 君の手を取った 古のバラード 繰り返すように紡ぐ Romance of life 君のことをいつも歌いたい 悲しい夜を温もりで満たして 愛呼びつけて ヒナギクが咲いてた 白い月輝いてた 君の囁きで始まるよ 永久のstoria 水の中沈んで行った 懐かしい恋の物語 光と影の中から 愛しさは生まれて 還る 君の目を見てた その腕の中で 恋人の囁き 星屑のチター 古のバラード 泉を満たして 風は西へ 優しい歌を君と歌いたい 五月の月が今此処にある 恋の歌が今宵響くから 冷たい胸を温もりで満たして 語ろう 愛のstoria. [1] [2] [4] [1] [4] [4] [7] [6] [2] [6] [4] [6] [6] [10] [2] [2] [3] [8] [12] [1] [2] [1] [2] [3] [6] [1] [8] [6] [1] [1] [4] [28] [4] [1] [8] [2] [2] [7] [1] [3] [3] [3] [6] [2] [3] [3] [2] [2] [1] [1] [2] [4] [13] [2] [2] [5] [2] [1] [3] [3] [1] [1] [4] [3] [3] [4] [3] [1] [28] [7] [2] [4] [2] [2] [3] [3] [1] [5] [1] [1] [1] [3] [1] [1] [8] [4] [1] [1] [2] [1] [2] [1] [2] [2] [1] [2] [5] [1] [1] [10] [7] [3] [1] [7] [1] [2] [1] [3] [2] [2] [2] [1] [4] [3] [7] [2] [1] [1] [2] [4] [6] [6] [10] [1] [2] [3] [2] [1] [2] [2] [8] [1] [20] [5] [2] [1] [2] [1] [2] [1] [2] [3] [10] [17] [1] [2] [2] [2] [1] [5] [1] [5] [1] [3] [1] [1] [7] [4] [6] [2] [3] [1] [2] [1] [1] [1] [2] [1] [2] [2] [6] [6] [4] [1] [1] [2] [2] [5] [2] [4] [1] [2] [3] [3] [2] [12] [5] [2] [2] [2] [1] [19] [8] [3] [10] [4] [2] [2] [2] [2] [2] [2] [1] [3] [1] [9] [2] [1] [2] [2] [7] [1] [1] [4] [1] [1] [1] [2] [2] [2] [2] [1] [1] [6] [2] [3] [1] [2] [3] [1] [2] [2] [5] [2] [1] [3] [4] [10] [2] [2] [3] [1] [1] [3] [2] [1] [1] [4] [1] [1] [6] [1] [2] [1] [2] [2] [1] [6] [2] [3] [1] [5] [1] [1] [1] [1] [1] [1] [1] [10] [3] [2] [2] [2] [1] [1] [2] [8] [4] [1] [2] [1] [3] [2] [3] [7] [4] [3] [1] [2] [2] [1] [5] [2] [1] [2] [1] [1] [1] [3] [1] [4] [1] [5] [1] [1] [4] [3] [1] [2] [1] [6] [5] [7] [3] [5] [4] [2] [9] [2] [4] [2] [2] [2] [4] [2] [4] [12] [1] [5] [2] [4] [2] [3] [3] [2] [1] [4] [16] [21] [3] [1] [2] [1] [20] [6] [18] [29] [2] [12] [29] [10] [4] [1] [2] [1] [2] [5] [7] [2] [9] [4] [113] [3] [1] [15] [1] [1] [12] [4] [15] [10] [2] [2] [1] [28] [1] [3] [6] [2] [1] [3] [2] [2] [13] [2] [10] [4] [1] [1] [1] [1] [5] [3] [1] [2] [1] [2] [1] [10] [10] [2] [5] [1] [4] [1] [3] [2] [1] [1] [1] [2] [3] [2] [1] [1] [1] [2] [1] [3] [1] [1] [1] [1] [1] [4] [2] [1] [1] [1] [5] [7] [5] [1] [1] [4] [1] [1] [2] [3] [1] [2] [2] [2] [4] [1] [2] [2] [1] [1] [6] [1] [4] [2] [2] [1]. 優 やさ しさを知 し らない 君 きみ がくれた優 やさ しさが 伽藍 がらん のこの胸 むね に 名 な も無 な き光 ひかり を 灯 とも している 孤独 こどく の船 ふね を漕 こ ぎ 篝火 かがりび は嘆 なげ き集 つど う 伽藍 がらん の世界 せかい には 数多 あまた の ARIA が響 ひび いている 羅馬: yume no kakera kimi ga kureta akenai yoru ni hisomu yorisou hoshi hitotsu kiete yoake no ARIA ga hibiita mou kono yamanai ame no naka de kinou ni obieru koto mo nai ima kimi wo nakushita mirai wa hajimatta bakari hatenai yami no naka kimi ga kureta kagaribi ga garan no kono mune ni umareta inochi wo terashite iru kieta mono to kawaranu mono muzan na sora ga hikaru wakare wo tsuge hohoemi ai sabishii ARIA wo kasanete nee hito wa itsu made hitori de futari ni kogarete yuku no darou mada kimi no kirei na mirai wa hajimatta bakari... With those eyes and those kisses, please give me proof of our love. I'm on the verge of tears for having to live through this. this dearly missed summer rain See me off alright? Hey, please hug me as much as you understand and are alive. 優しさを知らない 君がくれた優しさが 伽藍のこの胸に 名も無き光を 灯している 孤独の船を漕ぎ 篝火は嘆き集う 伽藍の世界には 数多の ARIA が響いている. Here I am with you in the remnants of our blessings. the clustered stars have lost one of their companions daybreak's ARIA is crying out. Starting out from the silence, lets proceed towards the faraway daybreak that we have yet to witness Let us cross this night that only wishes to fulfill our wishes. the dream has already ended and even the stardust has begun to disappear. In this unending darkness, the bonfire that u gave me still lies in the haven within my chest This newly birthed life is shining brilliantly the things that were lost and the things that never change are glittering in this cruel sky while informing of our separation, let us exchange faint smiles, as the lonely ARIA accumulates hey, humans are always alone moving on in search for a companion your beautiful future has yet to start the kindness that you know naught of and yet imparted to me resides within the haven of my chest A nameless light is being lit rowing this lonely boat, along the bonfire that assembles grief in this little haven of a world multitudes of ARIAs are resounding. a 像是"奇跡は起こる" 接在主詞和動詞間的助詞好像都是唸wa... 有發生這樣情況的似乎有: 第1行、第8行 副歌前的最後一句 、第13行 第二段歌詞的第一句 、第24行 過門歌詞的第五行 、第27行 後接副歌的第一句 へ的部份好像助詞也是唸作e 歌詞裡也有出現幾次 然後另外有發現兩句的標音怪怪的 "君を選んでたった二人の"標法好像是 "ki mi wo e rann de ta tta hu ta ri no" 另外一句則是 澄んだ水の中へ 的水の中へ好像是唸作"mi zu no na ka e" 大概看到一些。 。 。 。

次の

Kalafina to the beginning 歌詞

kalafina 歌詞

。 。 。 。 。 。 。

次の

[歌詞翻譯]Kalafina

kalafina 歌詞

。 。 。 。 。

次の

fairytale 歌詞 Kalafina ※ massmutual.scholarsapply.org

kalafina 歌詞

。 。 。 。 。

次の

空之境界「傷跡」Kalafina 歌詞

kalafina 歌詞

。 。 。 。 。 。 。

次の

seventh heaven 歌詞 Kalafina ※ massmutual.scholarsapply.org

kalafina 歌詞

。 。 。 。 。

次の