A70 スープラ。 トヨタ A70型 初代スープラまとめ (GA70/GA70H JZA70 MA70)

トヨタ A70型 初代スープラまとめ (GA70/GA70H JZA70 MA70)

a70 スープラ

でもまたトヨタ車も懐かしみたいので、もう少し古いトヨタ車を見つけてまた懐かしみたいと思います。 AE86レビン 次期スープラのデビューが近づいてきた。 初期のスープラはラグジュアリーとしての性格が強く、デートカーとして若者の人気を集めました。 今回の ターボリミテッドの 追加はそれを見越しての動きでしょうし、この後 A70は 税の変更もあり、 ワイドボディが 販売の主流へと変わっていきます。 ターボAは コンプレッサーや タービン容量の 拡大などにより、 最高出力はベースエンジンから 30馬力アップの 270psとなり、当時ブッチぎりで 国内最強のパワーを実現、 ライバルと目される 日産スカイラインGTS-Rの 210psを凌駕しました。 《纐纈敏也@DAYS》. スープラA70後期型2. ボディカラーは ブラックのみで、当時 405万円という 高額モデルにも関わらず、金に糸目を付けぬ バブル景気下では、アッという間に 完売してしまいました。 右が同レースで2位を獲得した 37の関谷正徳選手/小河 等選手のマシン。

次の

【ニッポンの名車】バブル真っ只なかを駆け抜けたトヨタA70型スープラ

a70 スープラ

内装は表皮にとブラックの本革を組み合わせたシートが採用され、シート表皮・インストルメントパネル・ドアトリム・ステアリングホイールなど随所にブルーステッチが施された。 パッと見、SOHCと変わらないエンジンヘッドの幅ですから、私は凄いなぁと思いました。 たしか2Lターボだったかと。 マシンの改造範囲はオリジナル車の性能を重要視する考え方から、自動車メーカーがFIA(国際自動車連盟)の公認を受けたものに限られた。 4万円 7. デザインを優先したあまり雨水排出の設計が至らなかったという仮説である。 吸入空気量測定方式を従来のLジェトロからDジェトロとした。 リクルート株式会社. 最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

次の

スポーツカー大きさ比較 AE86レビン/MR2/86/A70スープラ/A80スープラ/次期スープラ|クーペ・スポーツカー|MotorFan[モーターファン]

a70 スープラ

5月、一部改良。 さらに、販売店装着オプションとして、車両情報記録装置「Toyota GAZOO Racing Recorder」が用意されている。 ちょうど高校はいったあたりで「トヨタ3000GT」という宣伝文句が思い出されます。 また、外観では、フロントノーズのエンブレムが縦長のスープラ独自のものから1989年に発表された初代より採用されている新トヨタマークに変更されている。 carview. 加速時のエンジンノートは6気筒らしい心地よいもので、ドライバーにストレスがない。 この頃の車になるとそれほど懐かしいというほどでもないかもしれませんが、一応約27年前の車。

次の

貴重なリトラクタブル+スポーツカーのA70型スープラ、その魅力と性能を振り返ります!

a70 スープラ

高級モデルとなった3代目スープラは、30〜50代のユーザーを購買ターゲット層としています。 高剛性のボディや頑丈で強力なエンジンに加え、トヨタ車におけるスポーツフラッグシップ車であったことから、TRD等のメーカー直系だけでなく、他社からも多くのアフターパーツが発売された。 下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。 フロントフェンダーのなだらかな膨らみが、最近の車にはない自然な美しさというか優しさというか、そんなものを個人的には感じます。 2代目まではセリカのボディを直6エンジンに対応させた派生車種のような存在で、北米では『セリカ・スープラ』を名乗っていた。 スープラのヘッドランプカスタムをチェックしてみてください。 デアゴスティーニジャパン 週刊日本の名車第19号27ページより。

次の

【ニッポンの名車】バブル真っ只なかを駆け抜けたトヨタA70型スープラ

a70 スープラ

ただコーナーなどで急いでいる時は、ショックを伴ってもよいので、もう少し早く入ってくれると嬉しい。 内外装の小変更が行われ、最上級グレードのGZはカタログから消滅。 ただ、このエンジンのせいでというかおかげでというか、先輩格である1G-Gのポジションが曖昧なものになったのは確かだと思います。 7万円 7. 写真はピラー部だが、ルーフ方面にもサビはある。 今回は1986年2月に登場したA70スープラでいってみたいと思います。

次の

トヨタ、A70/80 スープラ 用パーツ復刻販売へ…GRヘリテージパーツプロジェクト

a70 スープラ

もっとも大きな変更が、オーバーホールを兼ねて昨年実施されたハイレベルなエンジンチューニング。 0GTターボAの外観上の特徴です。 0GTターボAです。 ウイングを装着すればカスタム感は大幅にアップします。 5GTツインターボ」は、当時のトヨタ車として初の280PSの5速MT設定車であり(仕様もあり)、当時の国産市販車の280PSクラスのレシプロエンジン車では2. スチール製なので 約10kgもあり、しかも 脱着には付属の ラチェットを使って 4カ所の 太いボルトを外す方式なため、 男性でも 一人だとチト 大変だったとか。 でも小傷がついただけで他は全然大丈夫でした。 もともと「SUPRA(スープラ)」とは、1978年に登場したセリカXXの海外名でした。

次の