シコ ふんじゃ た キャスト。 シコふんじゃった。の評価/評判

シコふんじゃった。 の レビュー・評価・クチコミ・感想

シコ ふんじゃ た キャスト

昨年、個人的な映画ブームの火付け役となった大好きな井浦様の出演作をほとんど観終わったから、今年は国内外問わずアカデミー賞を受賞した作品を積極的に観ていこうという方針の表れでもある。 熊田寅雄: 教立大学相撲部のOB。 むちゃくちゃ、うれしかった!! 一生懸命、当時のキャストで考え作った事を今も想い出します。 大体のあらすじを知っていたため、余計な期待はしなかったのがいいのかもしれない 笑。 竹中直人演じる青木富夫の名前は、「突貫小僧」の名で作品に出演したにちなむ。 間宮正子役は一般からのオーディションで役者が選ばれた。

次の

シコふんじゃった。 の レビュー・評価・クチコミ・感想

シコ ふんじゃ た キャスト

周防正行原作の映画『シコふんじゃった。 助っ人堀野達雄(松田勝)負け。 製作者:山本洋、平明暘• それにイギリスからの留学生スマイリーも加わるが、人前でお尻をさらけ出すことを拒むスマイリーは、まわしの下にタイツをはく始末。 昇格後はイギリスへ帰国した。 僕は2019年公開の カツベン!をまだ観てませんが、日本アカデミー賞でも名前があがっていたので、いつか機会があれば観てみたいですね!. さらに春雄に思いを寄せるデブ女の正子がマネージャーとして参加して…。 はじめは列車内を映し、 夕日、 古民家、 天気の良い空、 芝生で寝転がる秋平と田中と切り替わる・・・なんと心を洗われる映像かwそしてこの間に流れる歌がまた素晴らしいのだ。

次の

シコふんじゃった。の評価/評判

シコ ふんじゃ た キャスト

チーフ助監督:• ど直球。 沢山笑って、試合場面は力入れて観ちゃったし、楽しかったです。 その奮闘ぶりに教立大のメンバーは燃えるのです。 観て損なしの映画でした。 主演は本木雅弘。

次の

DATA of 「シコふんじゃった。」公演特設SITE

シコ ふんじゃ た キャスト

今見ると、服装がスゴイです(笑) あの当時はああだったんでしょうけど・・・. ある日、卒論指導教授の穴山に呼び出される秋平。 メンバーには、イギリスからの留学生ジョージ・スマイリー(ロバート・ホフマン)、さらに春雄に思いを寄せる間宮正子(梅本律子)がマネージャーとして参加します。 最優秀作品賞/最優秀監督賞/最優秀新人賞 その他• 相撲のシーンの迫力が本気で戦わせてるようで、怪我しないかハラハラ。 プロデューサー:• このメンバーで何とか団体戦に出場するが惨敗。 倉高(北東のケン): 北東学院大学相撲部の主将。 相撲の初心者がいちどとんがった鼻をへし折られ、反省してどんどん強くなって最後は決勝戦で戦う…みたいなそういう熱い展開を想像していたから、いや大筋は間違ってはいないんだけど前見たときは拍子抜けしてどう受け止めたらいいのかわからなかったけれど 笑 、今見ると非常に気持ちが良い…心持ちをスッキリさせてくれるところもある。

次の

シコふんじゃった。のレビュー・感想・評価

シコ ふんじゃ た キャスト

下宿先の家賃が払えず、稽古部屋への住み込みを勧められて相撲部に加入。 山本春雄(宝井誠明)と間宮正子(梅本律子)はイギリス留学。 大学の弱小相撲部。 竹中直人=モビットのCMの人って感じだったけど俳優さんだったのでありました。 脚本・監督は『ファンシイダンス』の周防正行。 映画の最後に山本秋平(本木雅弘)が、川村夏子(清水美砂)に「もう楽してズルするのはヤメだ」と言うシーンが印象的でした。

次の

シコふんじゃった。 の レビュー・評価・クチコミ・感想

シコ ふんじゃ た キャスト

4年間ずっと稽古部屋に住み込んでいる。 山本春雄: 教立大学学生。 その他 [ ] 堀野達雄: 教立大学部。 舞台『シコふんじゃった。 朝井知恵: 教立大学相撲部を取材に訪れたリポーター。 相撲部に入る前は、シーズン・スポーツ愛好会に所属していた。

次の

シコふんじゃった。 : 作品情報

シコ ふんじゃ た キャスト

相撲は好きでもまわしを占めるのが大嫌いで、まわしの下にスパッツを入ってしまうイギリスからの留学生、立会いでびびってしまう太目の学生、緊張すると下痢する古参メンバーなど、女マネージャーも交えてどたばた笑える喜劇ドラマに仕上がっています。 当時の相撲ブームに逆らった斜に構えた大学生役を好演。 ちなみにエンディング曲「 リンゴの木の下で」も おおたか静流が歌っているんだけど、元は1905年にアメリカ人のハリー・ウィリアムズによって作曲され、以降何度となく世界中でリメイクされている。 ここまで全てが丸く収まる映画って観たことない気がするほど。 。 ダメ出しがあるとすれば、主人公の弟・ 春雄を演じた 宝井誠明の棒読みが目立つくらい?ある意味見所になっちゃってるし、デビュー作だから仕方ないとも思うけどwでもこうした 棒読み演技も含めたあどけなさも相まって、本当にゆるりと鑑賞できてしまうコメディタッチの青春ドラマになっていて、主人公の 秋平が相撲を通して少しずつ真剣になっていく姿には素直に好感を持ててしまうし、最後はほんのり感動もさせてくれる。

次の