卓球 フォアハンド。 【卓球】素振りは適切に行わないと上達しない

ようこそ卓球 基本技術編 ①フォアハンドロング(右利き)|卓球レポート

卓球 フォアハンド

表ソフト、裏ソフトともに打感や待ち方がよくなり、打ちミスがかなり減りました。 悪い例でよく目にするのが、ワイパーみたいに横スイングしている人がいます。 返球は相手のコートで2バン以上する短さが求められます。 動画では、シェークの時のフォアロングと、ペンのフォアロングを比較しています。 地面にべったりと足をくっつけると、反射的に動く場合、少し遅れてしまう可能性があるからです。 どの競技の場合でも、フォアハンドは略して「フォア」と言われることが多いです。

次の

フォアハンドの打ち方のポイント(初中級者)

卓球 フォアハンド

試合の展開をワンテンポ遅らせるようなイメージで止めます。 com. ラリーが50球以上続くようになれば、少しずつ力を入れていきボールのスピードを上げていってください。 とはいえ、手首の関節の柔らかさや、指の長さは人によって違うため、上記でのメリット・デメリットの感じ方も異なるかもしれません。 ラケットを振るときの腕は、腰の反動を使いながらヒジを少し折りたたむイメージにします。 中には、デメリット自体あまり問題にならないという人がいるかもしれませんが、メリットに関しては、多くのプレーヤーに当てはまるのではないでしょうか。 そして 上にスイングするのではなく、前にスイングをするようにしてください。

次の

卓球〜フォア打ち

卓球 フォアハンド

また、ボールの回転が少ないと相手のボールの回転に負けてミスにもつながります。 スピードドライブ、カーブドライブ、シュートドライブ、ナックルドライブ等。 以上が力強いフォアハンドドライブを打つためのポイントでした。 ツッツキのラリー中にボールが上がってくるとボールを打ちたくなりますよね。 肩ではなくひじを支点とした打球によって、より戻りが早くなります。

次の

ようこそ卓球 基本技術編 ①フォアハンドロング(右利き)|卓球レポート

卓球 フォアハンド

上半身の基本姿勢は、肩や肘に余計な力を入れずリラックスしましょう。 まずは強烈なドライブを習得するため、しっかりとイメージしながら何度もボールを打ち込んでいきましょう。 足の幅は広すぎると、カラダは安定しますが動きにくくなります。 打球点は、少しタイミングを遅らせて、図のE点で打つと、しっかり回転がかかります。 シュートドライブ• 参考記事一覧 初心者必見!今さら聞けない!? 右手でラケットを持つ場合には右側がフォアとなり、反対の左手側はバックとなります。 いろいろなドライブを覚えると言うより、まずはツッツキのボールをドライブで返してはどうでしょうか。 フォアハンドグリップに適している技術は、ドライブなどの強打と左右へのコントロールボールになります。

次の

フォアハンドの練習/強くなる卓球の練習方法

卓球 フォアハンド

フォアハンドは練習していくうちに、すぐ身に付く基本の打ち方になります。 フォアハンド forehand : テニス・卓球などで、ラケットを持った手の側でボールを打つこと 「フォアハンド」の意味を詳しく 「フォアハンド」とは、 テニス・卓球・バドミントンなどのラケットを使うネット型の競技で、ラケットを持った手の方の向きでボールを打つことです。 そのため卓球初心者の方は、まずは遊び感覚のリフティングでボールの感覚をつかんでいきましょう。 ラケットを構える高さは、胸の辺りがベストとなります。 これは、手首を親指側に捻転させると同時に、上腕が内側に絞り込まれ、肩から肩甲骨が後ろに行く動きをロックするためです。 という感じで、フォアハンドに関しては、ペンホルダーの遺伝子というか才能が少しはあるのかもしれません。 ボル選手は3球目に攻撃するときに、打点を落としてこのループドライブでチャンスメイクをします。

次の

卓球のフォアハンドドライブの打ち方

卓球 フォアハンド

シェークのラケットを握りフォア面を出した状態でも、ラケットを後ろに引いたり上に上げたり前に出したりという動きは自由にできます。 そこから「流し打ち」を覚えるのは、 結構苦労したりします。 フリーハンド(ラケットを持たない手)は、力を入れずにぶらぶらさせているよりは、軽く握って構えるほうがよいと思います。 ボールの回転や高さによっても違ってきますが、基本のラリーをする時の目安にして下さい。 打ち方のコツまとめ スマッシュ フォアハンドの強打「スマッシュ」。 ツッツキの下回転に負けているため、ドライブを打っても上にあがらずにネットにかかってしまうんです。

次の

【卓球】素振りは適切に行わないと上達しない

卓球 フォアハンド

これには驚きました。 シェークハンドのフォアハンドで、ラケットの打球面を出す際に、腕や肩の大きな動きは必要ありません。 ただ、カウンタードライブはフォアハンドドライブの種類の中でも、とても難しい技術の一つです。 まず両足は肩幅よりやや広めに開いてください。 するとスイングは体の後方から体の側面に向かって巻き込む状態になり、ボールを前方へ押し出す力が少なくなります。 まとめ シェークハンドとペンホルダー、お互いに様々な利点があり、今回は「ペンのフォアはいいよね」というところから発想した矯正の方法です。 全く持って入らないというわけではないですが、巻き込んだカーブドライブになってしまったり、連続してドライブが打てないといった状況で、あまり得意とはしていません。

次の